10:00-19:00 お気軽にどうぞ!

0120-527-257

かんたん無料お見積

ポルトローナ・フラウイメージ

ポルトローナ・フラウアイコン

ポルトローナ・フラウの買取は、
L-line(エルライン)にお任せ下さい

Poltrona Frau

ポルトローナ・フラウの家具、買取いたします

ブランド家具・デザイナーズ家具買取専門のL-line(エルライン)では、ポルトローナ・フラウ製品についてもよく熟知しております。 これまでに数々のポルトローナ・フラウ製品の買取を経験し、実績を積み重ねてきた、熟練のバイヤーだからご提供できる買取価格がございます。 「確かな目利き・納得の査定価格」で、お客様の大切な、ポルトローナ・フラウ製品買取をさせていただきます。

モニカ・フォルスターデザインのアローンソファや、ジャン・マリー・マッソーのアスターXアームチェアなど、すっきりとした見た目と派手すぎない工夫されたデザイン、使いやすさを全て合わせ持った作品が、国境や性別問わずに愛されています。レンツォ・フラウの作品の1919ラウンジチェアのような、クラシカルデザインの家具も一般家庭から公共施設でも活躍しています。ポルトローナフラウ自社のデザインチームが手掛けたアルカディアチェアのようなラグジュアリーな作品も、魅力的です。

ポルトローナ・フラウとは
ポルトローナ・フラウ社は、1912年イタリア北部の都市トリノにおいてレンツォ・フラウにより設立された家具ブランドです。1926年には、イタリア統一に貢献したサボイア王家から王室御用達の指名を受け、イタリア国内の豪華客船「レクス」のインテリアを手がけるなど数々の名声を得てきました。親会社はあの高級スーパーカーであるフェラーリとしても知られています。イタリアでも特に質の高いレザー製品を提供することでも有名です。同社のレザーは家具のみならず、高級車マセラッティのシートや航空機のエグゼクティブスウィートクラスでも使用されることからも、その超一流の品質の高さが覗えます。ポルトローナ・フラウ特有のしなやかでなめらかな革「ペレ・フラウ」は、柔らかい仔牛の革の上質な部分のみを厳選し、十分な手間をかけてなめし加工を行い、厳格な品質検査を経て生まれます。

代表的なデザイナー

ネリ&フー

ネリ&フー
Neri & Hu

中国を代表するデザインデュオで、自身のデザインオフィス創設パートナーです。建築やインテリア、グラフィック、製品デザインを国際的に提供しているので異なる言語を話す多文化スタッフとともに、上海を拠点に活動しています。イギリスのロンドンにもオフィスがあります。2013年にはアメリカのインテリアデザインの殿堂入りを果たしています。

モニカ・フォルスター

モニカ・フォルスター
Monica Förster

新しい技術や素材に対して、純粋な感覚と強い好奇心をもった作品が特徴のスウェーデン出身のデザイナーです。ストックフォルムを拠点に活動し、古い工芸技術を現代的にカットして家具やプロダクトを創り出すことによって、伝統を維持しながら発展させるという重要性を見出しています。国際デザイン年鑑に掲載されるほど人気があります。

大城健作

大城健作
Kensaku Oshiro

1977年日本の沖縄で生まれ、高校卒業後にイタリアのミラノへ渡り、1999年工業デザイン修士号を取得しました。2012年までさまざまなスタジオで経験を積んで、2015年に自身のスタジオをミラノにオープンしました。多くの展示会に参加し、国際的なデザイン賞を数多く受賞したインテリア、プロダクトデザイナーです。

  • ジオ・ポンティ(Gio Ponti)
  • ピエール・ルイジ・チェッリ(Pierluigi Cerri)
  • ジャン・マリー・マソー(Jean-Marie Massaud)

ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)買取品目

バニティフェア

バニティフェア
VANITY FAIR

1930年のカタログに掲載されていた904モデルのレプリカです。その後のアームチェアの原型となっており、愛らしく典型的な丸みを帯びたフォルムに、革で覆ったリペット留めのデザインで、ポルトローナ・フラウを代表するチェアとして今でも世界で愛され続けています。シートクッションにはグーズダウンを使用していて座り心地も快適です。

チェスター

チェスター
Chester

1912年に創業者であるレンツォ・フラウがデザインした、最古のモデルの復刻版です。イギリスのエドワード王朝時代に誕生した、歴史あるソファの背もたれやアームには特徴である、等間隔に並べられたプリッセ(プリーツ)やカピトンネと呼ばれるボタン留めがあります。熟練した職人の手作業で丁寧に仕上げられていて耐久性も優れています。

レット・イット・ビー

レット・イット・ビー
LET IT BE

2017年ミラノサローネにて発表されたソファは、ビートルズの名曲であるlet it be、あるがままにという意味から名付けられました。古くからのイタリアの概念が取り入れられたルドビカ+ロベルトパロンバがデザインをし、レイアウトを自由に組めるようにサイズやパーツをセレクトできるモジュラーソファーです。

  • バニティフェア(VANITY FAIR)
  • チェスター(CHESTER)
  • リラ(Lyra)
  • クワドラ(QUADRA)
  • エスキロ(Eskilo)
  • タバリン(Tabarin)
  • ドリーム(DREAM)
  • インターヴィスタ
  • デッザ(DEZZA)
  • ドン・ドゥー(Don'do)
  • アーチボルト
  • レジーナ2(Regina II)
  • ボスフォロ
  • ジュリエット(JULIET)
  • パリオ
  • ラウラナ
  • ヴィットリア(VITTORIA)
  • サモSP
  • オーロラ2(Aurora II)
  • セラ
  • ヴィトルヴィオ
  • レゴロ
  • ボブ
  • ジオメトリー
  • コリンシア
  • C.E.O.

ポルトローナ・フラウ買取事例

これまでに当社で買取をさせて頂きました、ポルトローナ・フラウの買取事例をご紹介いたします。

PAGETOP