10:00-19:00 お気軽にどうぞ!

0120-527-257

かんたん無料お見積

ブランド照明イメージ

ブランド照明アイコン

ブランド照明の買取は
L-line(エルライン)にお任せ下さい

BRANDED LIGHTING

ブランド照明、買取いたします

ブランド家具・デザイナーズ家具買取専門のL-line(エルライン)では、ブランド照明についてもよく熟知しております。 これまでに数々のブランド照明の買取を経験し、実績を積み重ねてきた、熟練のバイヤーだからご提供できる買取価格がございます。 「確かな目利き・納得の査定価格」で、お客様の大切な、ブランド照明買取をさせていただきます。

処分か粗大ごみ回収業者に依頼する前に、一度L-line(エルライン)までご相談ください。お客様のご都合の良い日時に回収に伺います。 面倒なブランド照明の運び出しなど全てL-line(エルライン)がいたします。解体・持ち運びの手間がかかりません!出張費用なども掛かりませんので、ぜひ一度無料のお見積りでお問い合わせください。

ブランド照明高価買取ブランドTOP6

王冠

フロス

フロス
イタリアの有名デザイナーであるカスティリオーニ兄弟を中心に設立されたフロスは、モダン照明を象徴するトップブランドです。代表作である「ARCO(アルコ)」などは、時代を超えて語られる作品を多く発表しています。

王冠

ルイスポールセン

ルイスポールセン
デンマークでスタートしたルイスポールセンは、機能的でありながら美しいデザインをコンセプトに空間を美しく照らす照明を生み出しています。発売から半世紀以上経った「PH5」は世界から高い評価を得ている名作です。

王冠

レ・クリント

レ・クリント
建築家のP.V.イエンセン・クリントが紙を折り上げて作ったランプシェードからレ・クリントはスタートしました。手作りにこだわってつくられる照明は、デンマーク王室御用達にも選ばれています。

王冠

アルテミデ

アルテミデ
1959年に創業したアルテミデはイタリアを代表する照明ブランドです。ミケーレ・デ・ルッキとジャンカルロ・ファッシーナがデザインした「Tolomeo(トロメオ)」はタスクライトの傑作と評されています。

王冠

トムディクソン

トムディクソン
2002年にイギリスで設立されたトム・ディクソンは、比較的新しいインテリアブランドです。真鍮を使った「BEAT(ビート)」など大胆で個性的なデザインの照明がラインナップされています。

王冠

アートワークスタジオ

アートワークスタジオ
アートワークスタジオは、日本発のインテリアブランドです。代表の金野達夫氏が手掛けるデザインは、シンプルながら個性も感じさせます。専用の金型づくりからスタートする照明は、独特の存在感を放ちます。

買取できるブランド照明

買取できるブランド照明

ペンダントライト、シーリングライト、フロアライト、デスクライト、テーブルランプ、シャンデリア、ブラケットライト、スポットライト、再販可能な照明。※原則的にブランド・メーカー品の照明に限らせて頂きます。

買取できないブランド照明

買取できないブランド照明

ノーブランドやIKEAやニトリの照明、量販店で販売している照明、落ちない汚れがある照明、ボロボロの照明、たばこなどの匂いが付いている照明など、再販するのが難しい照明。

ブランド照明買取ブランド一覧

※こちらに記載されていない品目についてもお気軽にご相談下さい。

ブランド照明を高く売るポイントはココ

point-01

point1ブランド品のロゴがある
ブランドのロゴがあるものは、素性がはっきりしているので、高価買取の対象になることがあります。その他どこで、いつ購入したのかも教えて頂くと高価買取の対象となることも!

point-02

point2キズ・よごれがない
キズ・汚れなどがついたまま売ってしまうと、それだけ買取価格が下がってしまいます。できるだけきれいにお掃除してから売って頂くと、買取価格がUPすることがあります。

point-03

point3付属品が揃っている
照明を購入した際に付属していた取扱い説明書・部品・保証書があるのとないのでは、買取価格が大きく違ってきます。売る前に付属品を確認してみましょう!

ブランド照明豆知識

照明はお部屋に欠かせないものですが、それがブランド照明になるとお部屋がワンランクアップした雰囲気になります。特にペンダントライトは名作といわれる照明が多く、インテリアのポイントとなる存在です。サイズやデザインなど様々ですが、選ぶ際にどのような点に気を付ければ良いのでしょうか?ちょっとしたポイントをご紹介します。

ペンダントライトは、天井から吊るすタイプの照明です。コードの長さやシェードの素材によっても明るさは変化します。天井からのコードが短ければ、お部屋全体を照らすメインの照明になりますし、長めのコードで小さなシェードであれば、サブの照明として補助的に照らすことが可能です。まずは、お部屋でどのように使いたいか考えることが大切です。

また、意外と取付け方など分からないという方も多いのではないでしょうか。取付方法は、電気工事が必要な直結タイプと、天井にあるプラグに引っかけるタイプのものがあります。高いところにあるライトを付け外す際は、事故に注意が必要です。不安であれば、L-line(エルライン)までご相談ください。高いところでも安全に取り外して、不用な照明も買取いたします。お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP