買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

要らなくなった本棚を処分するにはどんな方法がベストなのか?

2020.01.10

小山大作小山大作

不用品を処分したい

本棚といっても、デスクの下に入るようなコンパクトなものから、壁一面の高さがある大型のものなど、色々な種類があります。

小さなものは粗大ごみに出すなどして簡単に処分できますが、大きなものだと移動させるのが難しく、自力の処分が難しく困ってしまうこともあるでしょう。 本記事で、本棚の最適な処分方法についてご紹介いたします。

目次

本棚の処分方法

本棚を捨てたいときの方法をいくつか紹介していきます。

引越、買い替え、劣化など理由は色々

お引っ越し、壊れてしまったなど、本棚を処分したい理由は人それぞれです。本はどんどん増えていきますから収納スペースが足りなくなってしまい、もっと大型のものに買い替えるために、古い本棚を処分したいという方も多いことでしょう。

自力で分解してお住いになる地域の指定されたごみの日に出す

お金をかけずに本棚を処分したい場合には、分解してお住いになる地域のごみの日に出すのがおすすめです。粗大ごみ回収に出す場合には費用がかかりますが、一般のごみの日に出せば無料ですのでお得に処分することができます。ほどんどの自治体では、一辺が30センチ程度までのサイズが一般ごみ扱いとなっています。

一般ごみで捨てる際には、そのサイズに収まるようにノコギリ等で切断する必要があります。そのため工具も必要となりますし、手間もかかるので、DIYなどの作業が得意な方に適した処分方法といえます。

金属などの部品は取り外して分別してから捨てる

一般のごみの日に出す場合には、燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみなどに細かく分別を行わなくてはなりません。木製の本棚の場合には、分解して燃えるごみの日に出すことができますが、その際には金具を外しておく必要があります。

分解するためのスペースや体力も必要

本棚は高さや幅があるものも多いので、分解する際にそれなりのスペースが必要となります。また、移動させたり棚や金具を外したりするなど、人手も必要ですし、工具も用意しなくてはなりません。ノコギリや電動ドライバーなどの工具をお持ちの方で、DIYが得意な方はごみとして捨てずに、分解して再利用してみてはいかがでしょうか?

さらに要らなくなった本棚を再利用して、ミニテーブルやおもちゃの収納ケースなど作ることもできます。Instagramにはリメイク品の写真なども色々とありますので、参考にしてみると良いでしょう。

粗大ごみとして処分する方法について

多くの自治体では、30㎝以上のサイズの家具は粗大ごみ扱いとなってしまいます。細かく分解するのが難しい場合には、粗大ごみとして処分しなければなりません。

自治体に連絡して適切な手順を踏んで廃棄

粗大ごみ回収の利用法は、お住いの地域によって異なりますので、役所のホームページなどで情報をチェックしてください。そして、決められた手順を踏んで処分しましょう。

粗大ごみに出すのは運ぶ手間はかかるけど最も安く処分できる

粗大ごみの回収を利用する場合には業者に連絡を入れ、粗大ごみの回収のチケットを購入しなければいけません。また、指定された場所まで自力で運ぶといった手間がかかってしまいますが、最も安く処分することができます。

自治体に頼むので安心感もある

粗大ごみ回収は自治体が行っていますので、安心して利用できるというメリットもあります。民間の不用品回収業者の中には悪徳な業者もあり、格安や無料などの宣伝に騙されてしまう方も少なくありません。そのようなトラブルを避けたいのであれば、お住いの自治体が行っている粗大ごみ回収を利用するのが一番安全な方法といえます。

信頼できる不用品回収業者に依頼をする方法について

専門の業者へ依頼するときに押さえておくポイントを紹介します

運び出しや運搬、家電リサイクル法の手間がかからないのがメリット

粗大ごみに出す際には重たい本棚を自分で運ばなくてはなりませんから、体力が必要となります。そのため自力で運ぶのが難しい場合には、不用品回収業者を利用するのがおすすめの方法です。不用品回収業者に依頼すれば、運び出しや運搬なども代行してくれますし、手間もかからないというメリットがあります。

粗大ごみと比べると費用が高くなってしまう

不用品回収業者を利用すれば電話一本で自宅まで引き取りにきてくれるので、粗大ごみに出したり、分解して一般のごみに出したりするよりも手軽に処分できます。ただ、料金が高くなってしまうというデメリットもありますので、安く処分したいという方は他の方法を検討した方が良いかもしれません。

一部の悪徳業者に引っかからないように注意

本棚の引き取りを行っている不用品回収業者はたくさんありますが、中には悪徳業者も紛れていますので、利用する際には注意が必要です。

不用品回収業者を依頼する際にはホームページをチェックしてみたり、実際に利用したことがある方から話を聞いてみたりするなどしてよく確認してみてください。

買い替えや引っ越しの場合には引き取りサービスを利用

新しい本棚に買い替える予定があるという方は、購入店で引き取りしてもらえないか相談してみると良いでしょう。お店によっては、古い本棚を無料で引き取り、もしくは、下取りしてもらうことができます。

また、引っ越しのご予定があるという場合には利用する引っ越し業者の方で処分してもらえないか相談してみるのもおすすめです。引っ越し業者の中には、不用になった家具や家電などを引き取りするサービスを行っているところもございます。そのようなサービスを活用すれば、引っ越しの準備と同時に古い本棚を片付けることができるので、とても便利です。

ただ、すべての業者が引き取りサービスに対応しているわけではないので、対応している業者を探す手間がかかってしまうかもしれません。さらに、引き取りの際の条件も業者によって異なっていますので、利用条件をよく確認しておく必要もあります。

綺麗な本棚ならばリサイクルショップを利用して処分

リサイクルショップの中には買い取りを行っているお店もあります。そのため、処分の前にいくつか連絡してみるのがおすすめです。

引き取りもしくは安くても買い取ってもらえる可能性がある

処分したいと思っている本棚の状態が綺麗であれば、リサイクルショップに持っていってみてはいかがでしょうか?状態が良ければ、想像以上の高値で買い取ってもらえるかもしれません。

自分で運ぶケースが多いので車がないと厳しい

本棚はサイズも大きいうえに重さもあるので、リサイクルショップへ持っていく場合には車がないと厳しいでしょう。普通車に乗らない場合には、軽トラックを用意しなくてはなりません。

また、車に本棚を積んでリサイクルショップまで移動するのも大変です。せっかく運んだとしてもリサイクルショップで買い取りや引き取りを拒否されてしまった場合、無駄足になってしまうというリスクもあるので、一度確認してから利用するようにしてください。

ジモティー、メルカリ、ヤフオクなどを使って売却する方法

リサイクルショップに持ち込むだけでなく、個人間での取り引きすることも可能です。

綺麗な状態やブランドもの本棚、まだ使えそうなら譲ったり売却したりするのがおすすめ

本棚の状態を確認してみて、傷や汚れが少なくまだ十分に使えそうなのであれば、自分で売却してみてはいかがでしょうか?メルカリ、ヤフオクなどのサービスを活用すれば、スマホ一つで自宅にいながらでも、本棚を売ることができます。これらのサービスの良いところは、自分の納得した値段で売ることができる点です。

リサイクルショップだと安く買い叩かれてしまうこともありますが、メルカリやヤフオクならば売却額を自由に設定できるので、高く売れる可能性があるのがメリットといえます。なお、お金は要らないので誰かに本棚を譲りたいという場合には、ジモティーがおすすめです。

思い入れがあって捨てにくい本棚を処分したい場合にもおすすめの方法

長年使っていて思い入れがある本棚、友人からもらった本棚などは捨てにくいと感じてしまうこともあるでしょう。メルカリ、ヤフオク、ジモティーを利用すれば、誰に売るのかを自分で決めることができるので、手放しやすいというメリットもあります。相手と直接やり取りして、思い入れのある本棚を大事に扱ってくれそうな人を探してみてください。

家財専用の梱包を行ってくれるサービスもあるので楽に売れる

メルカリやヤフオクを使うと、自分で梱包や発送を行うので手間がかかってしまいますが、家財専用の梱包を行ってくれるサービスもあるので、手軽に売却することができます。宅急便業者が自宅まで本棚を引き取りに来てくれるので、発送の際も負担がかかりません。

有名ブランド物や有名デザイナーの本棚の処分方法

処分品の中にはコレクターにとっては価値のあるものもあるかもしれません。そのようなものがあるときの処分方法を紹介します。

ブランド家具やデザイナーズ家具の専門買取業者に依頼する

有名ブランド品、有名デザイナーが手掛けた本棚はリサイクルショップを利用するよりも、専門の買取業者に依頼するのがおすすめです。なぜなら、専門の買取業者にはブランドの知識に詳しい鑑定士がいるので、きちんとした査定を受けることができるからです。専門の業者ならば、リサイクルショップよりも高値をつけてもらえる可能性もあるので、一度相談をしてみてください。

古いものや少し汚れている本棚でもブランド品なら買い取ってもらえる

ブランド品や有名デザイナーズ本棚は、中古市場でも人気が高く高値がつきやすい傾向にあります。そのため多少古かったり、汚れがあったりしても、専門の業者に依頼すれば高値で買い取ってもらえる可能性が少なくありません。

逆に古いものの方が骨董的価値がつくこともあるので、さらに高くなる場合もございます。価値のある本棚をお持ちの方は、捨てたりせずに、専門の業者を利用してお金に換えてしまうのが、お得な処分方法です。

保証書や付属品を揃えておくと高値が出やすい

専門の業者の査定を受ける際には、本棚を買ったときについてきた保証書や追加棚などの付属品も忘れずに用意しておいていください。付属品が欠けていると、査定額が下がってしまう場合もあるからです。ほこりを落とすなど軽く掃除をして見た目を綺麗にしておくことで、査定時に印象が良くなる可能性もあります。

本棚を買取している業者の一例

シェルフの買取実績豊かな、安心の家具買取専門のサルル

サルル

サルルは家具全般を買取していて、その中にシェルフ・本棚も含まれています。ジャンルとしては収納家具としてテレビボードやチェストの買取実績と一緒に掲載されていますが、とにかくシェルフのタイプやブランド、メーカーも様々です。ニトリやIKEAの本棚は買取が難しいそうですが、有名なブランドやメーカーのものだったら、買取をしてくれます。

買取している家具のジャンルが広いので、引っ越しなどで他にも買取してほしい家具がある人には特におすすめです。テーブルやチェア、ソファやベッドはもちろん、カーペット類や寝具も買取対応しています。有名ブランドの家具もしっかり価値の分かるスタッフが対応してくれるので、適正価格で買取してもらえます。

サルルは頻繁に買取の情報を更新しているので、サルルの会社そのものもしっかりしていることが分かります。また、それだけ利用者がいるという証明にもなるので、初めての人も利用しやすいようです。

ブランド家具買取のプロフェッショナル、エルライン

エルライン

ブランド家具とデザイナーズ家具について熟知していて、買取経験もあるエルラインではブランドの本棚の買取経験もあります。買取経験があるからこそ、適切な価格も出せますし、運び出しや運搬の面でも慣れているので、迅速に安全に行ってくれます。

本棚というと個人宅の小さいものを想像しがちですが、法人からも受け付けているので、大量の本棚やシェルフの買取に関してもエルラインに任せられます。ブランド家具なら本棚以外も買取大歓迎ということで、一緒に他のブランド家具・デザイナーズ家具を査定してもらうのもオススメです。

出張買取は関東全域とかなり広範囲です。自分で運び出しや運搬ができない人にオススメの買取方法です。他にも宅配買取や、自分で運ぶ持込買取も行っているので、自分の好きな方法で買取を進められるのもエルラインの良いところです。

中古・新品・大きさ関係なく、高価買取のナンバーワン買取センター

ナンバーワン買取センター

ナンバーワン買取センターは神奈川県に本社がある業者で、色んなジャンルの製品を買取してくれます。本棚・書棚・シェルフも高価買取宣言をしていて、特に新しい製品やブランド物だと高価買取になります。中古の本棚は目安として購入から10年以内だと買取可能で、有名ブランドのものだとそれ以上経っていても買取可能なケーズが多いです。

ナンバーワン買取センターは神奈川を中心に東京都や千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県まで広範囲に出張買取対応しています。日ごろから大型の家具や家電を買取しているので、梱包から運び出しなどの買取作業にも慣れています。大型の本棚で自分で運び出すことが難しい方は、一度ナンバーワン買取センターに相談してみてはどうでしょうか。

ナンバーワン買取センターはメールで簡単見積と、ラインのアプリでも簡単見積が可能です。いきなり電話してきてもらうことに抵抗がある方や、まだ売るか迷っている方に人気のサービスです。家具・家電の他にも買取歓迎で色んなものを取り扱っているので、他にも売却・処分したい物がある人にも良いと思います。

まとめ

以上、不用になった本棚の処分方法についてまとめてみました。粗大ごみに出す、自分で分解する、不用品回収業者を利用するなど色々な方法がありますので、時間や手間や費用などをよく考慮して自分に合った最適な方法を選ぶようにしてください。

特に、不用品回収業者を利用する際は悪徳業者に騙されないように、十分な下調べが必要です。また、新しく本棚を買う際には、後から売却することも考えて、最初からブランド品など品質の良い本棚を選んでおくと良いでしょう。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top