買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

いらなくなった羽毛布団はどう処分すればいい?さまざまな処分方法をわかりやすく解説!

小山大作小山大作

不用品を売る・買取してもらう方法

羽毛布団にフカフカさがなくなってきてしまったり、新しいものを買い替えたくなったりと今あるものを処分したいときもあるでしょう。これまでそんなに処分した経験がない方は、どのように捨てれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。

処分方法もゴミに捨てるだけでなく、他にもさまざまな方法があります。こちらでは、羽毛布団のさまざまな処分方法について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

羽毛布団の寿命、捨て時は決まっているの?

羽毛布団の寿命、捨て時は決まっているの?

そんなに支障なく使っていると、羽毛布団をどのくらい利用しているのか忘れてしまっている方もいるのではないでしょうか。実は羽毛布団の寿命というものがあるので、詳しく見ていきましょう。

どんな素材を使用しているかで寿命に差がある

布団に寝ていて快適だと、何十年でも問題なく使えるように感じてしまいます。しかし、布団の素材によって寿命は変わり、羽毛をほとんど使っている布団でも約5年から10年です。もし綿やポリエステル、羊毛が混ざっている場合、こちらは約5年になります。

さらに掛け布団だけでなく敷布団にも寿命があり、約3年になります。思ったよりも短いため、寿命を意識しながら使用することも必要です。

羽毛布団がへたる、汚れが落ちない、臭い場合

まだ使用して2年や3年しか経っていなくても、使い方によっては布団がへたり、フカフカさがなくなってしまうケースもあります。ほかにも、付いてしまった汚れを落とそうと洗濯しても汚れが落ちない、まったく臭いが落ちなくて気になってしまう場合もあるかもしれません。約5年から10年持つと言われていますが、目に見えておかしいと感じたときも捨て時です。

新しいものがほしくなったとき

寝具を販売しているお店などで良い商品を見たとき、新しい羽毛布団がほしくなることもあるでしょう。このようなときにも古いものの処分を考えると思いますので、ちょうど捨て時になります。お店によっては良心的なところもあり、中には買い替えと一緒に古い寝具を回収してくれるところもあります。

どんな風に処分をする?その方法とは?

どんな風に処分をする?その方法とは?

ここからはさまざまな処分方法をお伝えしていきます。
自分に合いそうな方法があれば、ぜひ利用してみてください。

自分で廃棄をする方法について

誰かを頼らずに、自分で廃棄する方法はリーズナブルな値段で済むか費用がまったくかかりません。この方法には、粗大ゴミとして捨てる方法と可燃ゴミに捨てる方法があります。

そのまま粗大ゴミとして捨てる方法

コンビニなどで粗大ゴミの券を購入しなければならないのと自分で自治体から指定された回収場まで持っていく作業があるため面倒に感じてしまうかもしれません。

ただ、羽毛布団はそこまで重くなく、1人で運ぶのが困難なものではないため、そんなに体力に自信がない方でも問題なく運べます。布団は、羽毛であってもほかの種類ものであっても関係なく捨てられます。

綿の場合は解体して可燃ゴミに捨てられる

少しでもお金を出したくないという方は、自分で解体しましょう。特に布団の中でも綿の場合は自分でもバラバラにでき、可燃ゴミに捨てられます。各自治体によって可燃ゴミの袋を購入する際にお金がかかるケースもありますが、そこまで高いものではありません。

特大の袋が数枚あれば、すべての解体した布団を捨てられます。解体する場合はある程度場所やゴミが舞うので注意しましょう。汚れや毛が付いても気にならない服で、広く何もないところがおすすめです。細かく解体するのは結構時間もかかり、根気もそれなりに必要です。

力も少し必要なため、女性が1人で解体しようと思うと大変に感じてしまうかもしれません。もし手伝える人がいたら、何人かで解体したほうが楽ですし早く作業も終わります。ゴミ袋に詰めたら、自治体の毎週決まっている可燃ゴミの日に出せば問題ないためお手軽です。

不用品回収業者にお願いをする

いくら安くできるとわかっていても、自分で解体をしたりシールを購入したりしてやるのは大変と感じている方もいるでしょう。特に自分で解体する場合、ある程度まとまった時間が必要で手間もかかります。お金がいくらかかっても良いから、とにかく簡単に誰かへお願いしたいという場合は不用品回収業者にお願いしましょう。

手間をかけることなく、お金を支払えばすぐに回収して持っていってくれます。羽毛布団だけでなく、家の中にさまざまな処分したものがある場合や大型のいらないものがある場合も一気に片づけられます。早く処分したいときには即日対応など、自分に来てほしい日を選べるためその点も利点です。

ただ、値段はどの不用品回収業者も一緒というわけではなく、やはり業者によって変わってきます。価格には差があるため、すぐに業者を決めずまずは比較を行いましょう。

引越し業者に依頼をする

もし羽毛布団を手放そうとしているとき、転勤などで引越しを検討していれば、引越し業者に依頼をするという方法もあります。大手の引越し業者の場合高い確率で回収を行っています。ただ、すべての業者で必ず回収や廃棄のサービスを行っているとは限りませんので、まずは確認をするところから始めましょう。

有名メーカーやきれいな羽毛布団であれば売れる可能性がある

有名メーカーやきれいな羽毛布団であれば売れる可能性がある

まだ使用して数回しか使っていない、きれいでほかの人も支障なく使える状態で有名なメーカーということであれば、もしかしたら売れる可能性があります。もしかしたらと思ったら、売ることも考えてみましょう。

自分でショップや業者へ買取依頼をしてみる

もしかして売れないかもしれないと思っていても、そこそこ有名なメーカーできれいな場合は断られても良いので買取業者へ依頼してみましょう。ダメかもしれないという気持ちがあっても、案外思いがけない高値を付けてもらえる可能性は十分にあります。

もし、シールを貼る場合や高いお金を出して回収してもらっていたら、お金は入ってきません。もしかしたらという希望があるのであれば、迷わず相談してみましょう。買取とまではいかなくても、そのまま無料で回収してもらえる場合もあります。

リサイクルショップは多数ありますが、中でも布団や寝具の買取実績が高い業者か、布団専門の買取業者にお願いするようにしましょう。実績が乏しい買取業者の場合、ほかの商品に力を入れていて布団に関してはあまり高値を付けない可能性もあります。

羽毛布団を買取してくれるオススメの買取業者は?

羽毛布団の買取実績も多く、創業10年以上で安心して頼める「サルル」

サルル

家具買取専門のサルルでは羽毛布団をはじめとして枕や掛け布団などの寝具からマットレス、ベッドフレームの買取まで対応しています。羽毛布団だけの買取ももちろん可能ですが、ベッド丸ごとなど一緒に買取してもらえるので引っ越しの方や買い替えを検討中の方にもオススメできます。無料査定や豊富な買取方法で、自分のライフスタイルに合わせた買取ができます。土日祝日も歓迎なところも社会人や平日時間の取れない方の強い味方です。

サルルで査定してみる

24時間対応で査定料もキャンセル料も無料、リサイクルショップふくろう

リサイクルショップふくろう

リサイクルショップふくろうは神戸市と西宮市を中心に不用品の買取りや回収、遺品整理に片付けまで行ってくれる業者です。該当地域にお住まいの方はもちろん、近辺に住んでいない方でもふくろうの宅配買取は往復送料、キャンセル料、査定料、振込手数料が全て無料なので、安心して相談できると思います。羽毛布団の買取対象メーカーも掲載されているので、売却を検討中の方は是非チェックしてみてください。

信頼できるベッド買取専門店、エコデザイン(Eco-Design)

エコデザイン(Eco-Design)

エコデザインは埼玉県でベッドフレームやマットレス、羽毛布団といったベッド関連だけを買取している業者です。実際に今まで買取してきた羽毛布団が写真付きで掲載されているので、売却したい羽毛布団が売れるかどうかの参考にもなります。買取強化しているメーカーは現在、西川産業、丸八真綿、東洋羽毛になっています。他にも積極的に買取してもらえるメーカーや種類が掲載されているので、該当する方は気軽に相談してみてください。

ネットを使って売ってみるかほしい人に譲る方法もアリ

ネットを使って売ってみるかほしい人に譲る方法もアリ

ネットでは有名な羽毛布団を安く手に入れたいと考えている方もいて、誰か安く出品していないか調べている方もいます。状態によってはどんなに長く出品していても買い手が見つからない場合もありますが、ある程度皆が知っている有名なメーカーで、状態も良い場合は売れる可能性が十分にあります。

さらに、ネットで出品するのは手軽ですし、広く買い手を探すため見つかりやすいです。出品や梱包、発送は自分でしなければなりませんが、その分お金は多少でも入ってきますのでただ捨てるよりもお得です。ほしい人に譲る場合は、知人や友人に聞いてみると良いでしょう。

羽毛布団を処分する際に急いでいるという方にとっては、いつ売れるかわからないですし、引き取り手が現れるかがわからないため不向きです。

捨てずに寄付をするという方法

捨てずに寄付をするという方法

捨ててしまったらそのまま誰のためにも役立ちませんが、寄付をして誰か困っている方の役に立つという方法があります。まだ使用できるものであればどんな布団でも良いので、ほしいと困っている方がいます。日本の中にもいますが、発展途上国など海外にも多数布団を必要としている方がいるのです。

自分ために買取してもらいお金にするというのも一つの方法ですが、困っている方のために役立つために寄付するという選択肢を選ぶのも良いでしょう。梱包などは自分で行い、送料は自己負担になります。多少お金はかかってしまっても、捨てずに布団を今後も活かせますし困っている方の力になれます。

これを機に社会貢献しようと考えている方は、寄付という道もおすすめです。

リサイクルサービスにお願いをして回収してもらう

 リサイクルサービスにお願いをして回収してもらう

まだあまり聞いたことのない方も多いかもしれませんが、実は布団をまた蘇らせ製品化させるためのリサイクルサービスというものがあります。グリーンダウンプロジェクトというもので、まだあまり聞いたことがない方も多いかもしれません。

この取り組みに参加しようと決め回収してもらったら、業者側で羽毛製品を買いたいしてまた製品化してくれます。そのまま捨ててしまうゴミとして燃やすのにも費用もかかりますし、自然環境にも良くないことです。 リサイクルサービスに回収してもらい蘇らせてもらうことで、環境保護にも直接つながってきます。

ただ、集めている場所まで自分たちで運ばなければいけないため、車を持っていない、回収場所が遠い場合などは大変に感じてしまうかもしれません。羽毛布団もすべての製品が絶対にOKなわけでなく、中には回収不可の羽毛布団もあります。自分の使っていた羽毛布団は回収対象になっているのかどうか、確かめてから持っていきましょう。

まとめ

まとめ

羽毛布団の処分と聞くと、ゴミに出すというイメージが強いかもしれません。特に部屋がそんなに広い場合ではないと、新しい布団と両方家に置いておくスペースがなく早く処分したいと考えてしまうかもしれません。早さを求めるのであれば不用品回収が手っ取り早いですが、便利な分料金も結構かかってしまいます。

お金をかけたくない場合は、自分で解体して可燃ゴミとして捨てるのが一番です。ただ、処分はこの方法以外に、ネットを使ってほしい人を自分で探す方法や困っている方へ向けて少しお金をかけ寄付する方法もあります。

さらには羽毛の場合、リサイクルサービスに持っていき、また新しい製品へ蘇らせる方法もあるため自分に合った方法を選びましょう。どの方法を利用する場合でも、下調べを行ってからお願いしましょう。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top