買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

不用になったソファはどうやって売るのがお得?おすすめの方法をご紹介!

小山大作小山大作

不用品を売る・買取してもらう方法

ソファは大きいですし、重さもありますので、処分する際に手間がかかってしまいます。 まだ使えそうなソファは粗大ゴミとして捨てるのがもったいないので、リサイクルショップやインターネットオークションなどで売りたいと思う方もいらっしゃることでしょう。

本記事で、不用になってしまったソファの売却方法について、いくつかご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

目次

ソファを売りに出す前に確認しておくこと

ソファを売りたいと思った場合には、あらかじめさまざまなことを確認しておくことをおすすめします。ここでは確認するべき項目を紹介していきます。

売れるソファと売れないソファがある

ソファを売りたい場合には、最初に売れる可能性があるかどうかをよく判断する必要があります。

売れる可能性が低いソファをリサイクルショップやネットオークションに出品しても、いつまでも値段が付かなかったら貴重な時間を無駄にしてしまう可能性があります。

売りに出す前に、まずは、ソファの状態を隅々までチェックしてみると良いでしょう。

ブランドやデザイナーズのソファなのか、ノーブランドなのかを確認

売りに出す前のソファのチェックポイントは、ブランドやデザイナーズ品なのかどうかです。ソファに付いているタグや保証書などをよく確認して、ブランド名や会社名などを調べてみてください。ノーブランド品のソファよりも、ブランドやデザイナーズのソファのほうが売れやすい傾向にあります。

傷や汚れや臭いなどがないかもチェック

傷や汚れなどがあるかどうかも、売りに出す前にチェックしておくべき点です。 使用感の強いソファですと、売りに出したときの査定額が低くなってしまうこともあります。

また、臭いがないかも確認してみてください。たばこを吸われる方、室内で犬や猫などのペットを飼っている方は、独特の臭いがソファに染み付いてしまっている場合もあります。臭いがきついと、査定に響くことがありますので、しっかりチェックしてみてください。

ソファは座り心地も重要ですので、クッションや背もたれなどがへたっていないかどうかも、要チェックポイントです。

合皮製よりも本革製や質の良い木材のソファのほうが売れやすい

ブランドや使用感だけでなく、ソファに使われている素材もチェックしてみてください。合成皮製よりも、牛革など本革を使用したものや高級な木材を使用したソファのほうが高値が付きやすい傾向にあります。

特に、量産品のソファに関しては、合皮製や合板を使用したものが多いので、よくチェックしておく必要があります。

ソファの種類によっても買取相場が変わることがある

売りに出す際には、どんな種類のソファなのかもチェックしておいたほうが良いでしょう。カウチソファ、パーソナルソファコーナーソファ、リクライニングソファなど、ソファの種類によっても、買取の相場が大きく変わることがあるからです。使用感の強いソファベッドは、衛生的な問題もあり、なかなか売れない場合もあります。

ソファを売るための具体的な方法をご紹介

次に、ソファを売る際の具体的な方法について、ご紹介します。

どんな方法で売る場合でも、ある程度の相場を調べておくことが大切

ソファを売る方法はいくつかありますが、どの方法を選ぶにしても、まず最初にある程度の相場価格を調べておくのがおすすめです。大体の相場価格を把握しておけば、リサイクルショップにも持ち込んだときに安く買い叩かれてしまうリスクも減らせることができます。

また、相場価格よりも、高値で売れたときには、お得な気持ちにもなれることでしょう。

業者に頼むときは口コミなどの下調べと比較が大切です

買取業者に依頼する際には、利用前にその業者の評判をよく調べておくことをおすすめします。ホームページでは良いことが書いてあっても、実際に利用してみたら最悪な業者だったという場合も珍しくありません。

せっかく高値で売れそうな良いソファをお持ちの場合でも、評判の悪い業者に依頼してしまったら、良い値段を付けてもらえないかもしれません。ホームページの印象だけで判断せずに、口コミサイトで評判をチェックする、複数の業者と比較してみるなど、十分な下調べをしておいたほうが良いでしょう。

リサイクルショップに持っていって売る方法

リサイクルショップに持っていくと、その場で査定してくれますので、すぐに売れるというメリットがあります。ただ、お店まで自力で運ばなくてはなりませんので、体力が必要ですし、車を用意するなどの手間がかかってしまいます。また、状態によっては買取を拒否されてしまう場合もありますから、せっかくの労力が無駄になってしまう可能性もあるかもしれません。

ソファは場所を取ってしまうため、リサイクルショップでは断られやすいのです。リサイクルショップには家具製品に詳しい専門の鑑定士がいないことも多く、適正な査定ができず、安い値段が付きやすいというデメリットもあります。

ブランド品や高級素材のソファなどは、ほかの売却方法も検討してみると良いかもしれません。

ヤフオクやメルカリなどを利用して買い手を探す方法

自分が納得する値段で売りたい場合には、ヤフオクやメルカリなどのサービスを利用するのがおすすめです。ヤフオクやメルカリを使えば、本当に欲しいと思っている人が見つかりやすいため、良い値段で売れやすいのです。

ただ、必ずしも自分が希望した値段で買ってくれる人が見つかるとは限りません。買い手が見つかるまでに時間がかかることもあるので、すぐに売りたいと思っている方には向かないでしょう。

また、ヤフオクやメルカリを利用する場合には、自分で梱包や運び出しも行わなくてはなりませんから、手間がかかってしまいます。らくらく家財宅急便という便利なサービスがありますので、自力で対応するのが大変な場合には利用してみると良いでしょう。ヤフオクやメルカリは、手間がかかってしまうのがデメリットといえますが、ブランド品やアンティーク品など希少価値があるソファは思い掛けない高価買取になることもありますので、できるだけ良い値段で売りたい方にとっては、利用する価値は大いにあります。

家具やソファも積極的に買取をしている業者に依頼をする方法

ソファなどの家具製品を積極的に買取をしている業者に買取を依頼するのも高値で売りたい方には、おすすめの方法です。

そのような専門の業者の中には、家具やソファに詳しい鑑定士がいることも多いため、適正な値段で買い取ってもらえやすいからです。ソファをお店まで持っていくのは大変ですから、出張買取サービスに対応している業者を探してみるのも良いでしょう。

最近は、IKEAやニトリや無印良品などで販売しているような量産品のソファの買取をしてくれる業者も増えてきているので、高値が付かないだろうとあきらめずに、まずは相談してみることをおすすめします。

ブランド品は絶対にブランド・デザイナーズ家具買取専門業者に依頼すべき

ブランド品の場合には、ブランド・デザイナーズ家具買取専門業者に依頼すべきです。なぜなら、通常の買取業者よりも、適切な値段を付けてくれるからです。

特に、Cassina、Le Corbusierなど世界的に有名なブランド品の高級ソファは、ブランド・デザイナーズ家具買取専門業者を利用したほうが良いでしょう。

出張買取を行っている専門業者を選べば、ソファや周りの家具を傷付けないように配慮してくれますので、高値で売れやすいだけでなく、安心感もあります。

ソファを買取している業者の一例

有名ブランドのソファなら、ブランド家具専門のエルライン

エルライン

ブランド家具とデザイナーズ家具に特化した買取業者で、ブランド物のソファも買取実績も数多く掲載されています。買取出来るブランドはかなり幅広くて、有名な海外ブランドから国内ブランド、デザイナーが関わったソファも高値で買取してもらえます。

ブランド家具とデザイナーズ家具専門なので無印良品やニトリ、IKEAなどのソファは買取が難しいようですが、売りたいソファがブランドものならエルラインを強くオススメします。買取経験が豊富なのと、スタッフがブランドやデザイナー、家具について詳しいので、どこよりも適切な値段を出してくれます。他店では低価格だったソファも、思わぬ高値になるかもしれません。

家具全般を買取しているので、他にも売りたいブランド家具があったら一緒に査定を申し込むと、査定額アップにも繋がります。例えばソファと一緒にオットマンやコーヒーテーブルといった、一緒に使えるようなものだと更に高価査定に繋がるそうです。

幅広いブランドやメーカーのタンスを買取しているサルル

サルル

サルルも家具全般を買取している業者で、ブランド家具も買取大歓迎ですが、そこそこのブランドやメーカのものでも買取してもらえるところがサルルの強みです。他店では買取してもらえなかったソファもサルルだと買取できる可能性が高いので、処分する前に問合せしてみてはいかがでしょうか。

ソファのジャンルも1人掛けから大人数用、カウチソファもOKで、ノーブランドでなければブランドやメーカーも幅広く買取対応しています。テイストや雰囲気などにも決まりはないので、モダンなものから北欧デザイン、アメリカンクラシックなソファまで、色んなソファが買取事例に掲載されています。

サルルでは買取方法も豊富なので、ソファが自分で運び出せない、運搬できない人にも利用されています。出張買取は関東圏ですが、他の地域からも宅配買取をしています。サイトを見ると頻繁に更新されているので、本当に買取していることや色んな人から信頼されていることも分かります。

関東・関西の両方に対応している不用品買取のバイオール

バイオール

バイオールは不用品買取として家具の他にも家電やおもちゃ、雑貨なども買取している業者です。ソファに関しても買取完全ガイドというページで詳しく説明がしてあって、ソファの買取に力を入れていることと、知識もあることが分かります。

バイオールの関東対応エリアは埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県で、関西は兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、大阪府、和歌山県となっています。関西にも対応している買取業者でトップクラスの実績と信頼があるので、はじめて業者に依頼する人も安心です。

不用品買取業者ということでソファの他にも買取してほしい、引き取ってほしいものがある人もバイオールは向いています。雑貨やホビー、ゲームも買取してもらえるので、掃除で部屋をスッキリさせたい、引っ越しで大量のものを処分したい人にも最適です。

買取方法から選ぶ方法

次に、買取方法で選ぶ方法についてご紹介します。

持込買取、宅配買取、出張買取などいくつかの方法がある

ソファの買取は、持込買取、宅配買取、出張買取などいくつかの方法があります。近くにお店がある場合や自宅に他人を入れたくないという方には、持込買取や店頭買取を行っているお店を利用するのがおすすめです。梱包の手間が気にならないという方には、宅配買取も便利です。

自分で運び出しや運搬が厳しい場合は出張買取が一番おすすめ

ソファは重たいですし、大型のサイズのものですと運び出しや運搬作業がかなり大変となってしまいます。自分で運搬するのが厳しいという方は、出張買取が一番おすすめです。お電話1本で自宅まで引き取りに来てくれますので、体力を消耗せずに売ることができてしまいます。

査定額アップのコツをご紹介

売却する際に一番気になるのは査定額についてでしょう。 査定額アップのコツについて、ご紹介いたします。

普段よりも念入りに掃除しておく

見た目がきれいだと査定時に印象が良くなり、結果高値が付くことがありますので、売りに出す前に、普段よりも念入りに掃除しておくと良いでしょう。

ただ、掃除する際にはやりすぎないように注意も必要です。掃除に力を入れすぎて、傷や汚れを悪化させてしまったら、本末転倒となってしまいます。できる範囲で掃除しておくようにしてください。

付属品や保証書など購入時にもらった書類も忘れずに!

予備の脚など購入したときに付いてきた付属品、保証書や説明書などもあると査定がアップする可能性がありますので、忘れずに用意しておくようにしてください。

テーブルなどのセット品があればあわせて申し込むのがおすすめ

ソファを購入したときに、同じブランドで、オットマンやスツール、テーブルなどもセットで揃えている場合には、まとめて売却するのがおすすめです。単品で売るよりも、セットにしたほうが高値が付きやすくなるからです。 お部屋が一気に片付くというメリットもあります。

査定額アップのキャンペーンを行っているかどうかをチェック

業者の中には、定期的、あるいは不定期で、査定額アップキャンペーンを行っているところもあります。そのようなキャンペーンを上手に活用すれば、普段よりも良い値段で売ることができるので、お得です。 ホームページなどで業者の情報をこまめにチェックしておくと良いでしょう。

もしどこにも買取してもらえなかった場合

最後に、どこにも買取してもらえなかった場合の方法についてご紹介します。

自治体に依頼して粗大ゴミとして処分する

汚れが酷い場合やノーブランドのソファは売れない可能性があります。その場合には処分するしかありませんが、費用がかかってしまいます。

できるだけ安い費用で処分したい場合には、自治体に依頼して粗大ゴミとして処分してしまうのがおすすめです。粗大ゴミを利用すれば、ソファ1点あたり、数百円から千円程度で処分することができます。

不用品回収業者に依頼する

自力で粗大ゴミ置き場まで運ぶのが大変な場合には、不用品回収業者に依頼してみると良いでしょう。ただ、粗大ゴミ料金よりも料金は高くなる場合があるので、料金をよく確認しておく必要があります。

知人や友人に譲るかジモティーなどを利用して欲しい人を探す

知り合いや友達の中に欲しい人がいないか探してみるのも良いでしょう。ジモティーというサービスを使って探すのもおすすめです。

ヤフオクやメルカリなどで欲しい人が現れるまで待ってみる

時間に余裕があるという方は、ヤフオクやメルカリなどのサービスを使って、本当に欲しい人が現れるまでじっくり待ってみるのも良いかもしれません。

まとめ

以上、ソファを売る方法、処分する方法についてご紹介しました。

人気ブランドやデザイナーズ品は高値で売れる確率が高いので、粗大ゴミに出す前に専門業者に査定を依頼してみるのがおすめです。状態が良い場合や使用年数が短いものはより高値が付くこともあるので、売りたいと思ったら早めに行動するのが高値の査定を出すコツとなります。

さまざまな業者がありますので、良い値段で売るために、事前の下調べも重要となってきます。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top