買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

イタリアの人気照明ブランド「アルテミデ」の照明を高く売るコツや注意点をわかりやすく解説しました

小山大作小山大作

ブランド家具を高く売るコツや工夫

照明を処分したいときは大体何ごみになるのか迷うことが多いです。そんなとき、それがアルテミデの作品だったら捨てる前に一度、専門業者に査定を依頼したり、自分で情報を調べてみることをオススメします。ライトが付かないなどなら、電球を交換するだけで買取してもらえる可能性もあります。

アルテミデには有名デザイナーが手がけた作品も多いので、作品もデザイナーも人気の人物であれば、新品同様のきれいさじゃなくても思いがげない高価買取になることもあります。このページでは特に高価買取が期待できる名作3つをご紹介いたします。

アルテミデについて

アルテミデ(Artemide)は1959年に2人の人物に設立されてから、商業施設で使われる照明の開発やデザイン、製造販売を行っています。もちろん現在では家庭でも使える照明がたくさん作られています。新しくてまだ家具作りや照明作りに取り入れられてない素材や構造、デザインもアルテミデはいち早く取り入れて、いつも画期的で世界から注目を集めています。

世界的に有名なデザイナーとの作品も数多くあって、特にティチオやトロメオ、カドモは販売から今でも強い人気を保っています。素材やカラー、サイズのバリエーションが豊富なので、色んなシーンにマッチする照明が見つけられるのも、アルテミデの強みです。

アルテミデで査定価格が期待できる照明

トロメオメガテラ(TOLOMEO MEGA TERRA)フロアランプ

トロメオメガテラ(TOLOMEO MEGA TERRA)フロアランプ

アルテミデの人気フロア照明シリーズのトロメオの一番大きいサイズの作品です。フロア照明ですがアームが動かせるので、デスクライトやサイドテーブルに置いても光が欲しいところを照らしてくれます。

イタリア生まれの建築家、デザイナーのミケーレ・デ・ルッキの作品で、アルテミデの他にもカルテルなどで制作をしています。トロメオシリーズには3タイプと20種類以上のバリエーションが揃っています。

カドモ(CADMO)フロアランプ

カドモ(CADMO)フロアランプ

カリム・ラシッド(Karim Rashid)の作品のカドモ フロアランプです。高さがあるフロアランプですが質量は25kgと重さもあるので、安定感もばっちりです。光を付けていないときでもモダンアートなオブジェの役割をしてくれる、曲線が美しいフォルムです。

本体のカラーは2色展開で、ブラックとホワイトから選べます。上部のスイッチでは光の強さを調節することもできるので、実用性も兼ね揃えています。

ネストーレ(NESTORE)スタンドランプ

ネストーレ(NESTORE)スタンドランプ

カルロ・フォルコリーニ(Carlo Forcolini)デザインのネストーレです。老賢者を意味する名前で、そっと話を聞いてくれて寄り添うような、優しいフォルムになっています。バランサーとしての球体がネストーレのチャームポイント、特徴でもあります。

高さのあるモデルと低めのモデルがあるので、フロアランプとしてもデスクランプとしても幅広く愛用されています。

買取価格をアップするコツや工夫

買取価格をアップするコツや工夫のイメージ写真

ブランドのことや、人気の製品がわかったところで、より高く売るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

できるだけ商品の情報や状態を伝える

製品にあるブランドのロゴや、タグに記載されている型番など、 製品の情報を詳しく伝えることで正確な査定価格がわかりやすくなります。

また、汚れや購入場所、使用年数なども査定価格を大きく左右するので、正直に伝えることが大切です。 製品情報、状態が良いことがわかれば、思い切った価格を付けてくれる確率が高まります。

付属品・保証書を揃えておく

保証書や付属品がある場合、査定日までに必ず揃えておきましょう。 保証書があることで「正規品の証明」になったり、付属品があることで「保存状態が良い」という、好印象を与えることができます。

日頃から丁寧に使用してメンテナンスをする

製品の状態は買取の際に「とても重要な判断基準」になります。 日頃からやさしく丁寧に使用することで、キズや汚れな付かないように心がけましょう。

また、定期的なメンテナンスも欠かさす行うことで、綺麗な状態を長く維持しやすくなります。 将来的に売ることも考えて、大切に扱うことも高く売るコツと言えるでしょう。

できる範囲できれいに掃除をする

日ごろからの掃除も大切ですが、査定をお願いしたら見てもらう前にもう一度、自分のできる範囲で掃除をしましょう。

ここで重要なのはできる範囲で、無理をしないことで、力任せに掃除したり、適切ではない薬剤などを使って製品を傷めないようにします。 綺麗にしたくても製品の状態を悪くしてしまったら本末転倒なので、くれぐれも無理はしないでください。

いくつかの業者に見積りをする

業者によって得意なジャンルや、買取に近来入れている製品が異なります。 また、買取品目に載っていても、実際の買取経験がない場合もあります。

料金形態がそれぞれ違うのはもちろん、自分の手放したい製品に詳しくて、 本来の価値の値段をつけてくれて、尚且つ査定額やその他買取費用に納得できる業者を選びましょう。

まとめて査定を依頼する

どこの買取業者でも基本的にまとめて査定をお願いすると金額アップが期待できます。 その業者が買取しているもの、また買取出来るものに限りますが、 査定額のアップの他にも、量によっては出張買取地域外でも来てくれる業者もあります。 売るか迷っている製品でも、査定は無料のところが多いので、一度査定してもらうのもありです。

売却時に気をつけたいこと

売却時に気をつけたいことのイメージ写真

手放したい製品の状態があまりよくない、探してもブランドやデザイナーなどのロゴが見つからないなど、売却時に起こりやすい困ったことの紹介です。

リプロダクト品・ジェネリック家具だと売れない場合がある

流行りの製品、人気の製品にはリプロダクト品やジェネリック品といった、 偽物ではないけれど、本物ではない、比較的安く買える廉価版です。 中には本物と嘘をついて売っている悪徳なショップもありますが、 今はネットショップなどで手頃にリプロダクト品が手に入ります。 ただし、手放そうとしたときに売れない、売れたけど数百円ということはよくあるようです。

再販できない、大きな傷や汚れがあると売れない場合もある

有名なブランド製品やデザイナーの製品だと、少しの傷や汚れがあっても売れやすいですが、 大きい傷や汚れ、また再販が難しいような故障や不具合のあるものは買取が難しいです。

少しのキズなどなら業者やショップで修繕して再販可能ですが、 余りにも大きかったり、直せないような不具合があると再販も出来ないので、買取を断られることが多いです。 その場合には適切な方法で製品を処分しましょう。

運び出しが難しい大型家具の場合は予め業者に相談する

部屋の中で組み立ててもらった家具や、購入時には別のスタッフが搬入してくれたけど、 いざ売ろうとしたら自分では重さや多きや、通路の問題で運び出せない問題はよくあります。 そのようなときは無理して自分で運ぼうとしないで、積極的に運び出しを行ってくれる業者に依頼してください。

プロなので最適な運び出しを方法を見つけてくれますし、 必要であればベランダの窓から吊り下げて運び出してくれる業者もあります。 無理な搬出は他の家具や壁を傷つけるリスクもあるので、 対応している業者に詳しく説明して、実際のお部屋や家具を見てもらいましょう。

アルテミデの照明を高く買取してくれるおすすめ業者

デザイナーズ家具買取 ZENON(ゼノン)

ゼノン

ゼノンはどこよりも高くというキャッチフレーズをコンセプトに、デザイナーズ家具の買取に力を入れているサイトです。 家具が好きなスタッフが在籍していて、各ブランドの紹介ページを見てもブランドやデザイナーの知識が豊富だとわかるので安心して依頼できます。

また、まとめて売ることで、査定価格が大幅に査定額のアップするので、企業やモデルルーム、オフィスなど、法人でまとめて売りたい場合にもゼノンは最適です。 見積もりは無料で、東京を中心に埼玉、神奈川県の一部であれば無料で出張買取にも来てくれるのも魅力です。

ゼノンで査定してみる

ブランド家具・デザイナーズ家具買取専門のL-line(エルライン)

エルライン

L-line(エルライン)は15年以上、ブランド家具やデザイナーズ家具を専門に買取しているサイトです。 ブランド家具の買取に特化していて、15年にわたり数多くの買取実績があるので、家具やデザイナーに対する知識もしっかりとしています。 通常のリサイクルショップと違い、確かな目利きで適正・丁寧に査定してくれるので安心です。

また、実際に買取した家具がホームページで頻繁に紹介されているので、信頼度もあります。 出張料や見積無料で自宅まで来てくれる出張買取が便利で、大型家具や高額な家具を売りたい時は迷わず相談してみましょう。 買取をしたあとの販売ルートも確立されているので、買取価格も他社さんより期待できます。

エルラインで査定してみる

ブランド家具買取専門店 カムズファニチャー

カムズファニチャー

カムズファニチャーはブランド家具をメインに、骨董品や古美術品、お茶道具なども買取している業者です。 会社は茨城県常陸にありますが、買取方法は持込の他にも宅配や出張も行っているので、広い地域に対応しています。 東京などの都心にあるショップと比べると地代がかからないため、高価買取ができるところがカムズファニチャーの魅力で強みでもあります。 宅配買取も送料無料で行っているので、遠方の方や来店が苦手な人でも安心です。

まとめ

有名な作品を紹介させて頂きました。アルテミデにはまだまだ作品がたくさんあるので、アルテミデかも?と確信を持っていない方でもネットで検索してみてください。他にも売りたい照明がある場合は、一緒に査定を申し込めば専門知識のある査定員に見てもらえるのでお得です。

高さのある照明だと日ごろのお手入れはなかなか難しいと思います。査定前にものを綺麗にするのは大切ですが、手が届かない、自分で取り外しができない場合には、取り外す過程で怪我をしてしまったり、照明を落として破損させる危険があるので無理をしないようにしてください。一般家庭でもオフィスなどでも買取を申し込むときには、いくつかの照明や空間全部の照明など、まとめると高価買取に繋がります。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top