買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

「ルイーズ・キャンベル」の照明を高く売るコツや工夫をわかりやすく解説!

小山大作小山大作

ブランド家具を高く売るコツや工夫

デンマークを代表する女性デザイナー「ルイーズ・キャンベル」。照明を中心にデザインを手掛け、ブランド照明として有名なルイスポールセンでも活躍する彼女の作品は、レースのようなエレガントなテイストでとても人気があります。

そんなキャンベルの照明が引越しや模様替えなどで不用になってしまったらどのようにするのがベストでしょうか。中古市場でも需要のある彼女の作品をただ捨ててしまうのはとても勿体ことですし、売却といってもどこに相談すればいいのか迷ってしまうかもしれません。

ここでは売却を検討されている方向けに役立つ情報を、わかやすく解説していきたいと思います。いざ手放すとなると、売却って面倒だと思っていませんか?売却は思っているよりも簡単にできます。ただし、売る時期を逃してしまうと照明は劣化していくばかりなので、思い立った時に手放すのがオススメです。また、買取価格をアップするコツや工夫、売却時の注意点、どこに依頼すればいいのかわかる「オススメの買取業者」も紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

ルイーズ・キャンベルについて

ルイーズ・キャンベルは、デンマーク人の父とイギリス人の母の元で1970年に生まれました。2つのルーツを持つ彼女は、 ロンドンのカレッジ・オブファーニチェアを卒業し、デンマークのデザインスクールでインダストリアルデザインを学びました。26歳の若さで自身のスタジオを設立し、家具と照明のデザインを手掛けています。

彼女の作品は冒険的でユニークなデザインで、日常生活に彩りを添えてくれるのが特徴です。デザインするときには、常にゼロから考える、反対のものが正しいと証明されるまでは全てが可能、どんな細かな決定にも正当な理由がなければならない、という3つを大事にして製作しています。

ルイーズ・キャンベルで査定価格が期待できる家具

キャンベル(Cambell)

キャンベル(Cambell)

自身の名前が付いたキャンベルは、2004年にルイスポールセンより発表されました。彼女が長い時間室内で過ごすときも自然の美しさを感じられるようにとつくったのが、キャンベルです。

シンプルな構造ですが、大小2枚のガラスシェードが重なっています。それぞれにストライプのデザインが施され、重なるように配置されたデザインです。このデザインにすることで、グレアと呼ばれる不快な眩しさを軽減するよう計算されています。

コラージュ600

コラージュ600

コラージュシリーズは、ルイスポールセンから発表されている木漏れ日をモチーフとしたペンダントライトです。ユニークなデザインですが、ホワイトのカラーが主張を抑えて、さまざまなテイストのインテリアに馴染みます。

600の他に小さめサイズの450を展開しています。楕円形にカットされたアクリルのシェードが3枚に重なることで、まるで木の葉から漏れ出たような光を実現しているのが特徴です。

買取価格をアップするコツや工夫

買取価格をアップするコツや工夫のイメージ写真

ブランドのことや、人気の製品がわかったところで、より高く売るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

できるだけ商品の情報や状態を伝える

製品にあるブランドのロゴや、タグに記載されている型番など、 製品の情報を詳しく伝えることで正確な査定価格がわかりやすくなります。

また、汚れや購入場所、使用年数なども査定価格を大きく左右するので、正直に伝えることが大切です。 製品情報、状態が良いことがわかれば、思い切った価格を付けてくれる確率が高まります。

付属品・保証書を揃えておく

保証書や付属品がある場合、査定日までに必ず揃えておきましょう。 保証書があることで「正規品の証明」になったり、付属品があることで「保存状態が良い」という、好印象を与えることができます。

日頃から丁寧に使用してメンテナンスをする

製品の状態は買取の際に「とても重要な判断基準」になります。 日頃からやさしく丁寧に使用することで、キズや汚れな付かないように心がけましょう。

また、定期的なメンテナンスも欠かさす行うことで、綺麗な状態を長く維持しやすくなります。 将来的に売ることも考えて、大切に扱うことも高く売るコツと言えるでしょう。

できる範囲できれいに掃除をする

日ごろからの掃除も大切ですが、査定をお願いしたら見てもらう前にもう一度、自分のできる範囲で掃除をしましょう。

ここで重要なのはできる範囲で、無理をしないことで、力任せに掃除したり、適切ではない薬剤などを使って製品を傷めないようにします。 綺麗にしたくても製品の状態を悪くしてしまったら本末転倒なので、くれぐれも無理はしないでください。

いくつかの業者に見積りをする

業者によって得意なジャンルや、買取に近来入れている製品が異なります。 また、買取品目に載っていても、実際の買取経験がない場合もあります。

料金形態がそれぞれ違うのはもちろん、自分の手放したい製品に詳しくて、 本来の価値の値段をつけてくれて、尚且つ査定額やその他買取費用に納得できる業者を選びましょう。

まとめて査定を依頼する

どこの買取業者でも基本的にまとめて査定をお願いすると金額アップが期待できます。 その業者が買取しているもの、また買取出来るものに限りますが、 査定額のアップの他にも、量によっては出張買取地域外でも来てくれる業者もあります。 売るか迷っている製品でも、査定は無料のところが多いので、一度査定してもらうのもありです。

売却時に気をつけたいこと

売却時に気をつけたいことのイメージ写真

手放したい製品の状態があまりよくない、探してもブランドやデザイナーなどのロゴが見つからないなど、売却時に起こりやすい困ったことの紹介です。

リプロダクト品・ジェネリック家具だと売れない場合がある

流行りの製品、人気の製品にはリプロダクト品やジェネリック品といった、 偽物ではないけれど、本物ではない、比較的安く買える廉価版です。 中には本物と嘘をついて売っている悪徳なショップもありますが、 今はネットショップなどで手頃にリプロダクト品が手に入ります。 ただし、手放そうとしたときに売れない、売れたけど数百円ということはよくあるようです。

再販できない、大きな傷や汚れがあると売れない場合もある

有名なブランド製品やデザイナーの製品だと、少しの傷や汚れがあっても売れやすいですが、 大きい傷や汚れ、また再販が難しいような故障や不具合のあるものは買取が難しいです。

少しのキズなどなら業者やショップで修繕して再販可能ですが、 余りにも大きかったり、直せないような不具合があると再販も出来ないので、買取を断られることが多いです。 その場合には適切な方法で製品を処分しましょう。

運び出しが難しい大型家具の場合は予め業者に相談する

部屋の中で組み立ててもらった家具や、購入時には別のスタッフが搬入してくれたけど、 いざ売ろうとしたら自分では重さや多きや、通路の問題で運び出せない問題はよくあります。 そのようなときは無理して自分で運ぼうとしないで、積極的に運び出しを行ってくれる業者に依頼してください。

プロなので最適な運び出しを方法を見つけてくれますし、 必要であればベランダの窓から吊り下げて運び出してくれる業者もあります。 無理な搬出は他の家具や壁を傷つけるリスクもあるので、 対応している業者に詳しく説明して、実際のお部屋や家具を見てもらいましょう。

ルイーズ・キャンベルの家具を高く買取してくれるおすすめ業者

デザイナーズ家具買取 ZENON(ゼノン)

ゼノン

ゼノンはどこよりも高くというキャッチフレーズをコンセプトに、デザイナーズ家具の買取に力を入れているサイトです。 家具が好きなスタッフが在籍していて、各ブランドの紹介ページを見てもブランドやデザイナーの知識が豊富だとわかるので安心して依頼できます。

また、まとめて売ることで、査定価格が大幅に査定額のアップするので、企業やモデルルーム、オフィスなど、法人でまとめて売りたい場合にもゼノンは最適です。 見積もりは無料で、東京を中心に埼玉、神奈川県の一部であれば無料で出張買取にも来てくれるのも魅力です。

ゼノンで査定してみる

ブランド家具・デザイナーズ家具買取専門のL-line(エルライン)

エルライン

L-line(エルライン)は15年以上、ブランド家具やデザイナーズ家具を専門に買取しているサイトです。 ブランド家具の買取に特化していて、15年にわたり数多くの買取実績があるので、家具やデザイナーに対する知識もしっかりとしています。 通常のリサイクルショップと違い、確かな目利きで適正・丁寧に査定してくれるので安心です。

また、実際に買取した家具がホームページで頻繁に紹介されているので、信頼度もあります。 出張料や見積無料で自宅まで来てくれる出張買取が便利で、大型家具や高額な家具を売りたい時は迷わず相談してみましょう。 買取をしたあとの販売ルートも確立されているので、買取価格も他社さんより期待できます。

エルラインで査定してみる

トレジャーファクトリーの出張買取

トレジャーファクトリー

中古の家具など、売り上げナンバーワンのトレジャーファクトリーは、実はブランド家具の買取も行っています。 一般的に製品を売る場合は購入から5年以内と言われていますが、トレジャーファクトリーでは10年以内なら査定をしてくれます。 買取が厳しかったブランド家具も買取してくれる場合があるので相談してみましょう。 また、出張買取を依頼した場合も出張費や査定料金、運搬代金、キャンセル料が発生しないと明記されているので、安心して申し込みができます。

まとめ

北欧のデンマークデザインと伝統的なイギリスの感覚が融合したルイーズ・キャンベルの作品をご紹介しました。自然をモチーフにした彼女の作品は、インテリアを格上げするアイテムです。新品ですと良いお値段ですので、中古で探している方も多く、新品に近い状態であれば予想外の買取額が期待できます。今回はキャンベルの作品の一部だけをピックアップしましたので、他の作品をお持ちであれば買取業者に相談してみるのもおすすめです。

ペンダントライトは重いものではないので、ご自分でも取り外しはできると思いますが、傷つけたり割れてしまって減額にならないためにも出張買取を利用するのがおすすめです。取り外しもすべて買取業者の方が行ってくれるので、高いところにのぼる必要もありません。こちらの記事が買取の際の参考になれば幸いです。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top