買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

使用したマットレスは売れにくい?高値で売るにはどうしたら良いのか?

2020.01.31

小山大作小山大作

売る・買取してもらう

不用になってしまったマットレスを粗大ゴミとして捨てる場合には、費用がかかってしまいます。 衛生的な問題もあり中古のマットレスは売れにくいと言われていますが、きれいで新品の近い状態のマットレスやブランド品の場合には、高値が付くこともあります。

マットレスを売る際に気を付ける点や売却方法について、本記事で詳しくご紹介いたします。

目次

マットレスを売りたい場合にはどうすれば良いのか

マットレスを売りたい場合にはまず状態を確認する必要があります。売りたいマットレスがきれいなのか、ブランドなのかなどを確認しましょう。

1回でも使用したマットレスは売れにくい

マットレスは、直接肌に触れるため、中古品は売れにくい傾向にあります。たとえ、安い値段で販売されていたとしても、1回でも誰かが使用したマットレスを使ってみたいと思う方は、非常に少ないからです。

マットレスを売却する際には、売れにくいということをよく考慮しておく必要があるのです。

新品や新品に近い状態、あるいは有名ブランドのマットレスなら売れる可能性あり

基本的に一度でも使用したマットレスは売れにくいですが、新品、もしくは新品に近い状態のものであれば売れる可能性は十分にありますので、あきらめる必要はありません。

また、有名ブランド品や高級品のマットレスであれば、中古品でも構わないという方もいるので、高値で売れる場合もあります。

長く使ったマットレス、シミやへたりのあるマットレスはまず売れない

たとえ有名ブランド品であっても、長く使っていたマットレスの場合には、売れない可能性が高いです。また汚れやシミなどがある場合には売れないので気を付けましょう。

売れない可能性がかなり高いのであきらめたほうが早い場合もある

長く使っていた場合や汚れやシミなどがあるマットレスは大変な思いをしてリサイクルショップに持ち込んだとしても、買取拒否されてしまうことが大半です。

せっかくの苦労が水の泡になってしまいますので、状態の悪いマットレスや使用感のあるマットレスは、無理に売ろうと考えずに、早々とあきらめて処分してしまうのがおすすめです。

ノーブランドのマットレス、IKEAやニトリや無印なども売れにくい

使用感の少ないきれいなマットレスであっても、ノーブランド品の場合には、あまり良い値段では売れない可能性があります。特に、IKEAやニトリや無印良品などで売られているような量産品のマットレスは、状態が良くても高値が付くことは期待できません。

ただし、ニトリのハイグレードモデルのマットレスは例外で、意外と良い値段で売れることもあります。

リサイクルショップに持っていけば売れるのか?

ではリサイクルショップに持っていけば売ることはできるのでしょうか。

リサイクルショップで売るのはあまりおすすめできない方法

不用になったマットレスを売りたいと思ったときに、リサイクルショップへ持っていこうと考える方は多いです。ですが、リサイクルショップで売るのは、あまりおすすめできない方法なのです。

リサイクルショップに行ったことがある方なら、気が付くかもしれませんが、マットレスが置いてあるショップはほとんどありません。中古のマットレスは売れないので、リサイクルショップでも取り扱っていないところがほとんどなのです。

新品や有名ブランドならば買取してもらえるかもしれない

新品のマットレス、有名ブランドのマットレスであれば、まれに買取してくれるリサイクルショップもありますので、どうしても売りたい場合には、電話やメールで問い合わせるなどして、まずは相談してみることをおすすめします。

大きくて場所をとるマットレスはリサイクルショップでも買取したくない品物

大きくて、場所をとってしまうマットレスは、置き場所に困ってしまうため、リサイクルショップでもあまり買取したくない品物なのです。マットレスを歓迎していないショップに持っていっても、迷惑になってしまうだけです。

家具買取専門店に依頼する方法

ほかにも買取専門店に依頼する方法も考えられます。

マットレスの買取項目や実績のある家具買取を利用する

一般のリサイクルショップでは、マットレスの買取を行っていないところが多いですが、家具の買取専門店であれば対応してもらえる可能性があります。

ホームページを見てマットレスの買取項目があるかチェックするか直接電話するなどして買取実績があるかどうか聞いてみると良いでしょう。

自力で運べない場合には出張買取をしている業者がおすすめ

マットレスは非常に大きいですし、重たいですから、自力で運ぶのが大変です。幅もありますので、階段を下りる際や狭い玄関を通るのも苦労してしまいます。自力でマットレスを運ぶのが難しい場合には、自宅まで買取に来てくれる業者を選ぶのがおすすめです。

出張買取サービスを利用すれば、部屋からの運び出し作業も業者のほうで対応してくれるので、非常に楽です。自分で車を用意する必要もありません。

ただ、出張買取サービスを利用する場合には、出張料や運搬料などがかかる場合もありますので、諸費用についてよく確認しておくようにしてください。

家具の買取専門店ならばクリーニングもできるので多少の汚れがあっても買取してもらえる可能性あり

家具の買取専門店の中には、買取したマットレスの補修やクリーニングを行っているところもあります。そのような業者であれば、多少の汚れや傷などがあったとしても、自社でメンテナンスを行うことができるため、買取してもらえる可能性があります。

ただし、汚れや傷があっても買取してもらえる可能性が高いのは、有名ブランドや人気のあるマットレスに限ります。ノーブランド品、量販店で販売されているような安物のマットレスの場合には、自社でメンテナンスを行ったとしても売れる可能性が低いため、断られてしまう可能性があります。

ベッド・マットレスの買取専門店に依頼する方法

家具の買取店以外にも、ベッドやマットレスの買取専門店に依頼するという方法も挙げられます。

マットレスを専門に扱っているため適切な値段で買取をしてくれる

マットレスを高値で売りたいのであれば、ベッドやマットレスを専門に買取しているお店に依頼するのが一番おすすめです。ベッド・マットレスの買取専門店であれば、専門知識のあるスタッフがいますので、適切な値段で買取してもらえるからです。

ブランド物のマットレスは専門店に依頼したほうが高く買取してもらえることが多い

特に、有名ブランド品や高級品は専門店に依頼したほうが、高く買取してもらえる可能性が高くなります。一般のリサイクルショップや買取業者だと、どんなに有名なブランド品であっても、その価値を判断することができずに、安い値段を付けられてしまうことがあります。

せっかく、高値で売れる可能性があるマットレスを安く売ってしまうのはもったいないので、より良い値段で売りたい場合には、適切な査定を行っている専門店に相談するようにしてください。

マットレス買取専門店の多くが出張買取にも対応してくれる

ベッドやマットレスの買取専門店であれば、ほとんどが出張買取にも対応していますので、自宅にいながら売却することが可能となります。

お電話やメールなどで希望の日時を伝えておけば、指定した住所まで買取に来てくれて、その場で値段を付けて買取をしてくれます。

その値段に納得したら、買取成立となり、その日のうちに支払いや引き取りも行ってくれるところが多いので、手っ取り早くいらないマットレスを手放すことができてしまいます。お小遣いも入ってきますので、とてもお得に処分できるのが魅力です。

マットレスを買取してくれる業者の一例

マットレスの買取ならどこよりも高価査定で迅速丁寧なフクロウ

フクロウ

ベッド買取専門のフクロウは名前の通り、ベッドやマットレス、羽毛布団などを全問に買取している業者で、歴史もかなり長くて、信頼度も高いです。買取実績が記事で更新されているので、それだけ利用者が多いこと、実際に利用した人の口コミ、評判も良いので、初めての人や売れるかどうか不安で依頼しにくい人でも大丈夫です。

対応が丁寧なだけじゃなくて、買取金額も高くて、利用者も驚くことがあるそうです。フクロウはコスト削減のために実店舗をもっていません。買取したマットレスや、その他の寝具はブランドやジャンルによって適切な方法で次に使ってくれる人の元へ繋がります。とにかく他社よりも高価買取してくれるので、特に有名ブランドのマットレスを手放すことをお考えの方は、連絡してみてはどうでしょうか。

もちろん出張買取も行っていて、対応地域は埼玉県や千葉県、神奈川県、東京都などの首都圏になります。詳しい地域に関してはフクロウの公式ホームページに記載されています。買取できるマットレスや、買取したマットレスも掲載しているので、一度覗いてみてください。

マットレスもベッドフレームも、その他の家具も買取してくれるサルル

salulu(サルル)

家具の買取専門のサルルはマットレスも、ベッドフレームも買取してくれます。他社では難しい掛け布団や枕などの寝具も買取しているので、引っ越しやお掃除で一掃したい人にも向いているサービスです。

買取出来るマットレスのサイズやブランド、メーカーも幅広いので、売りたいマットレスが買取してもらえるかどうか不安な方は、メールか電話でお問い合わせしてみてください。サルルのホームページで公開されている高価買取ブランドはシモンズ、レガリア、ドリームベッド、フランスベッド、シーリー、次いで東京ベッドとなっております。売りたいマットレスがこのブランドに該当するなら、買い取る強化している今がとてもねらい目です。

幅広いブランドやメーカーのマットレスを買取していますが、買取ができないマットレスも明記されていて、カビや汚れ、へたりの著しいマットレス、量販店や通販サイトで購入したマットレス、IKEAやニトリの製品も難しいそうです。ただ、どのメーカーにもグレードがあるので、トップクラスのものだったらニトリも買取してもらえるかもしれないです。詳しくはサルルへ。

厚い信頼と口コミの評価も高い、ECO空間

ECO空間

ECO空間は家具と家電のリサイクルショップですが、特にマットレスの買取にも力を入れています。実際にマットレスやベッドの買取記事や、ベッドの買取専用ページも設けられています。ブランド物のマットレスからメーカーのマットレスまで買取をしていて、さらに買取が難しい場合でも引取をしてくれるので、とにかく処分したい場合に助かります。

ECO空間はホームページで買取に来てくれるスタッフの顔写真が掲載されているので、初めての方や女性の一人暮らしでも依頼しやすいと思います。また、実際に買取に行ったお客さんとの写真と感想文も載っているので、とても信頼や評判が高いことも分かります。

今はフランスベッドやキングスダウン、シーリー、ドリームベッド、カリモク、シモンズ製品を買取強化しています。他社では買取が難しいロフトベッドや二段ベッドも買取をしているので、マットレスと併せて手放したい方も必見です。

不要なマットレスの売却についてのまとめ

買取をしてもらえないことが多いマットレスですが、買取専門店によっては買い取ってもらえる可能性もありますので、あきらめずに状態の確認や買取店に問い合わせしましょう。

使用年月の長いものやノーブランド品は買取してもらえない可能性が高い

使用感のあるマットレスに抵抗感がある方が多いため、使用年月の長いものは買取してもらえる可能性が低くなります。 また、ノーブランド品も売れにくいので、有料で処分になってしまうことがほとんどです。

使用年月が短くてきれいな状態、ブランド品なら買取してもらえる可能性大

使用年月が短くて、かつ見た目がきれいな状態のマットレスであれば、売れる可能性があります。さらに、有名ブランド品であれば、より高値で買取してもらえる可能性が大きいです。

有名ブランド品のマットレスをお持ちの場合には、適正な鑑定ができる専門店を利用したほうが良いでしょう。

最初から品質の良いマットレスを購入するのもあり

安いマットレスはすぐにへたってしまい、短期間で買い替えたくなってしまいます。マットレスを処分する際には、売却する場合であっても大変な手間がかかってしまいますので、最初から品質の良いものを選ぶようにしたほうが良いかもしれません。

多少高いものであっても、ずっと長く使うことができれば、十分に元を取ることができます。万が一、購入して気に入らなかった場合でも、ブランド品や品質の良いマットレスであれば高値で売れる可能性もあります。

マットレスを売却する際にはサイズや自分の体力などを考慮して無理しないことが大切

マットレスはシングルサイズであっても、非常に重いので、1人で運ぶのは大変です。

素人が無理に運ぼうとすると大けがをしてしまう危険もあるので、無理をせずに、自分の体力、状況などをよく考えて行動するようにしてください。

日ごろからマットレスをきれいに使うことを心掛けることも大切

マットレスを頻繁に売り買いするのは、金銭的にも体力的にも大きな負担がかかってしまいます。マットレスを使用する際には、シーツや専用のパッドを敷くことで、汗染みなどが付いてしまうのを防ぐことができます。

掛けることも大切です。普段から大切にマットレスを使うように心掛けていれば、長持ちさせることができ、買い替えの頻度も減らすことができるようになります。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top