買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

使わない収納家具を売りたいときにはどうすればいい?売る方法や売るときのポイントをご紹介。

2020.07.31

小山大作小山大作

不用品を売る・買取してもらう方法

部屋をきれいにする際に、収納家具を使っている方は多いのではないでしょうか。 購入したときには物を整理したくて気に入って買っていると思いますが、物が減ってしまい収納家具が不用になる場合もあります。 そのようなときには、業者などに頼んで買い取ってもらうこともできます。

ただ条件などもありますので、必ずしも売れるとも限りません。 売れなかったときの処分方法なども踏まえて、さまざまな方法をこちらでは紹介していきます。

目次

収納家具とはどんなものを言う?

一口に収納家具といっても、その種類はさまざまあります。台所で使っている食器棚、お部屋で使用するキャビネット、クローゼット、カップボードなどです。ほかにもカップボードやテレビボード、タンス、本棚などさまざまあります。

さらにブランドものやノーブランドのものなどさまざまですので、どの家庭にもいくつかあるのではないでしょうか。

果たして収納家具は売れるのか?

あまり使っていない収納家具がある場合、売れるのかどうか気になっている方もいるでしょう。さまざまな条件から売れやすいものと売れにくいものがあります。自宅にある収納家具はどのようなものなのか、把握してから自分に合った方法で売ると良いでしょう。

こちらでは売る際に、どのような点をチェックすれば良いかどうかなどを紹介していきます。

種類やサイズの確認をしよう

収納家具の場合、ちょうど良いサイズで使いやすいものが好まれます。そのため小さすぎる収納家具もあまり売れにくいですし、逆に大容量に収納できて便利に一見感じる大きすぎる収納家具も実は売れにくいです。

さらに大きすぎるものは買い取る側の店舗でも場所を取り、運搬も大変なため嫌がられます。壁面収納家具や婚礼家具として購入したもの、オーダーメイドの家具なども売るのは難しいです。

収納家具の状態も見られる

どのように使っていたかで、売れるか売れないかも決まってきます。特に購入してきたばかりのようなきれいな状態であれば売れる可能性も高く、場合によっては高値になることもあります。

しかしどんなに有名なブランドでも、傷や汚れ、がたつきが目立つ場合には買取が難しく断られる場合もあるのです。次に使用する方がほしいと思えるような状態であれば、売れる可能性が充分にあります。

どんな素材が使われている収納家具かも見られている

収納家具の場合、どんな素材が使われているかどうかも売れるかどうかの決め手になります。知名度の低いブランドやメーカーの家具であっても、良い木材を使っていると売れる場合もあります。丁寧に使っていて状態も良く、さらに良い素材であれば高値になるかもしれません。

さらに木材で伝統工芸の技術が施されているものは、売れやすいです。逆にガラス製のものは素材としては、売れにくいでしょう。

有名メーカーやブランド、デザイナーズ作品の収納家具は売れる

元々有名メーカーやブランド、デザイナーズ作品は、新品で購入しようと思っても手が届かずに諦めてしまう方もいます。そのような方は中古でも良いからほしいと思っていますので、それなりに需要があるのです。よほど状態が酷くなければ、だいたい売れますので買取を依頼しましょう。

ただ万が一リプロダクト品やコピー品、偽物は買取が難しいです。

収納家具の買取方法とは?

これからどこかの買取ショップに収納家具を売りたいと思っている方もいるでしょう。いくつか買取の方法もありますので、好きなものを選んでみましょう。

自分で運べるのであればお得な持ち込み買取がおすすめ

収納家具は物によって大きいので自分で運ぶのは難しいかもしれませんが、車に積んで持っていけそうであれば持ち込みがおすすめです。労力と時間はかかってしまいますが、その分出張費がかかりません。売れた場合でも査定してもらった金額から出張費が引かれないので、より多くの現金を手にできます。

そしてその場で査定してくれるので、相談や交渉も可能です。すぐに現金化したい方にもおすすめで、メリットが多数あります。しかし売れなかった場合は、また自分で車に乗せて持ち帰る手間があります。

自力で運搬や搬出が難しくても出張買取が利用できる

ある程度の重さや大きさがあると、なかなか自分で運搬するのは難しいものです。万が一運んでいる最中にぶつけてしまい傷が付いても、査定額に影響が出てしまいます。そのようなときには出張買取業者を利用しましょう。

このできれば無料で出張を行っている業者やショップを選ぶようにするのがおすすめです。部屋からの運び出しや運搬も任せられますし、家具の買取経験のあるところなら手際も良くて安心です。

仕事などで忙しい方や家にいられない方、運ぶのが難しい方の場合は宅配買取が便利

仕事で急に予定が入りやすい方や朝早くから夜遅くまで働いている方などは、宅配という方法もあります。宅急便にもらくらく家財宅急便というサービスがあり、簡単に利用できます。収納家具の梱包から搬出、運送まで行ってくれますので、女性や体力に自信のない方でも楽です。

収納家具を買取してくれるところとはどんなところ?

なんとなく中古品買取をしてくれるリサイクルショップなどが思いつく方は多いと思いますが、ほかにも収納家具を買取してくれるところもあります。こちらではどのようなところが買取してくれるのかなどを紹介していきますので、自分に合ったところにお願いしてみましょう。

近所にもあるリサイクルショップ

中古品を売るとしたら、リサイクルショップが思いつく方も多いのではないでしょうか。リサイクルショップの場合実店舗に家具を並べるので、大きすぎるものは買取を渋られてしまう可能性があります。ほかにも無名メーカーは買取が難しい場合や買取金額は安くなりやすいというデメリットもあります。

とにかく早く、安くても良いから売りたいという人向けです。

オークションやフリーマーケットで売る方法もある

すぐに売れない場合が多く、さらに気に入って購入してくれる人がいなければずっと売れないままで終わってしまう可能性もあります。ほしいと思ってくれる人の目に留まるかどうかは、そのときの運次第のような部分もあります。ただ自分の決めた値段で売れるところはメリットで、高く売れる可能性もあるのです。

ネットで出品する場合には、情報入力や写真撮影、発送が大変です。

一番しっかりと査定してくれて安心な家具専門買取業者

リサイクルショップの場合、さまざまなものを買い取るので細かい部分まで査定できていない可能性があります。それに比べて家具専門買取業者では、専門的な知識がありますので価値があるかどうかを細かい部分まで見てくれます。

特にブランドものの収納家具を使っている場合には、家具専門買取業者に持っていったほうが高値になる可能性が高いです。逆にニトリやIKEAは、買取自体難しいところが多いです。

ブランド家具買取専門店もある

ブランド家具の場合は、ブランド家具買取専門店というところもあり一番のおすすめです。より細かい知識を持って収納家具の査定をしてくれますので、予想以上の金額で買い取ってもらえる可能性もあります。

収納家具を買取してくれるショップ、業者の紹介

小型の収納家具から大型まで、ブランド家具ならゼノン(ZENON)

ZENON(ゼノン)

国内、海外問わずにゼノンはブランド家具とデザイナーズ家具を高価買取してくれます。査定や出張買取は無料で行ってくれるので、気軽に自分の収納家具の査定額を知ることが可能です。また、大きさがあって運び出したり動かすことが難しい収納家具でも、ゼノンなら経験豊富なスタッフが全て行ってくれるので、安心して任せられます。買取品目一覧に掲載のないブランドやデザイナーの作品でも買取出来ることがあるので、気軽に連絡してみてください。

ZENON(ゼノン)で査定してみる

気軽に行ける安心の全国展開の大手、トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーは様々なものを買取してくれる大型リサイクルショップとして有名です。家具と家電の買取に関しては出張買取サービスも行っているので、相談すれば最寄りのトレジャーファクトリーから家まで来てくれます。タイミングが良ければ最短で翌日に買取してもらえて、その場で現金化も可能です。トレジャーファクトリーのもう一つの強みはニトリや無印、ノーブランドの収納家具も買取してくれるので、断られる可能性が極めて低いところです。

家庭用収納家具もオフィス向けも買取大歓迎、ウエスト

リユース生活提案ショップWEST

ウエストでは一般家庭向けの収納家具から、オフィスで使われているようなロッカーやキャビネットも高価買取しています。特にオフィスで使われているようなデスクサイド収納やキャビネット、書棚を買取強化中です。オカムラや東洋スチール、USMハラー、スチールケースなどは高値になりやすいので、売ろうとしている方はウエストで無料査定をしてみてはいかがでしょうか。

万が一売れなかった場合の処分方法を紹介

買取業者に持っていくことや自宅まで来てもらい順調に売れれば問題ないのですが、中には思うように売れなかったということも考えられます。状態によっては値が付かず、無料での引き取りも難しい場合があります。こちらでは、売れなかった場合の処分方法を紹介していきます。

もし引っ越しの予定があれば引っ越し業者に引き取ってもらおう

これから新しい家に引っ越す予定があれば、業者にお願いをして引き取ってもらいましょう。その業者によって違いはありますが、有料もしくは頼んでいるプランなどによっては無料で引き取ってもらえます。

買ったお店に頼んで回収してもらう

こちらもお店によって違いはありますが、無料もしくは優良で引き取りをしてくれるショップもあります。ニトリなどでも行ってはいますが、購入した家具を家まで運んでもらわないと回収もできないなど決まりはあります。詳しくはお店に相談してみましょう。

捨てずに知人や友人に引き取ってもらう

もしかしたら声を掛けてみると、ちょうど物が溢れていて収納家具がほしかったと思っている方もいるかもしれません。友人や職場の人などに、収納家具は必要ないか聞いてみましょう。ほかにもジモティーを利用して、ほしい人を探すのも良いでしょう。

自治体の情報を調べて粗大ゴミとして廃棄する

ほとんどのものが粗大ゴミに該当しますので、市区町村の情報を調べて回収の予約を行う方法もあります。ただ指定場所まで自分で運ばなければいけないので、少し大変です。

運ぶのが難しいときは不用品回収業者に依頼をする

処分方法の中でも費用は一番かかってしまいますが、自分で運ぶことが難しい方にとっては楽で一番おすすめの方法になります。

まとめ

売りたい収納家具が、売れそうなのか難しそうなのかを判断してみましょう。そして買取ができそうであれば家具買取専門、ブランド家具の場合はブランド家具専門がおすすめです。

売る前には新品の状態に戻せるように、素材に合った洗剤や掃除道具を使ってピカピカに磨き、もし購入のときに付属品が付いてきていた場合や取扱説明書がある場合は一緒に査定してもらいましょう。そのまま収納家具を売るよりも、しっかりときれいにして付属品を付けたほうがより高く買取してもらえる可能性があります。

そして売る場合でも廃棄の場合でも1つの方法やお店だけに決めず、まずは比べて下調べもしておきましょう。前持って準備や対策をすると、ベストな状態で収納家具を手放せます。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top