買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

東芝の液晶テレビ「レグザ」を売却する際に知っておきたい基礎知識・高く売るコツ

小山大作小山大作

不用品を売る・買取してもらう方法

東芝の人気の液晶テレビ「レグザ」が不要になってしまったら、どうするのが一番いいでしょうか。テレビは粗大ゴミとして処分できず、家電リサイクル法に沿って処分しなければならない実は面倒な家電です。ただ、廃棄はできませんがリユース品として売却することはできます。売ってまえばリサイクル料を支払う必要もなく、逆にお金も入ってくるので、可能であれば売却するのが一番いい方法と言えるでしょう。

では、実際に売却を考えた時に今度はどこに買取依頼してどんな準備をすればいいでしょうか。レグザは中古市場でも需要のあって、5年以内の製品であれば高値が付く可能性が高くなります。ここではレグザの人気シリーズを紹介しながら、買取価格アップのコツや工夫などわかりやく解説していきたいと思います。また、最も重要な買取業者選びの参考に、オススメのテレビ買取業者を3つピックアップしてご紹介していますので、売却時の参考にぜひチェックしてみてください。

東芝について

東芝のテレビ、レグザも日本メーカーの高画質、高音質テレビとして人気のあるモデルです。映像処理エンジンやLEDパネル、高画質化機能、録画再生機能も種類が豊富なので、自分のライフスタイルや好みに合わせた一台が見つけやすいです。

重要な映像処理エンジンは新しいモデルや高性能モデルになればなるほど、高スペックのものが導入されています。特に最新のダブルレグザエンジン Cloud ProはX9400シリーズのみに搭載されています。同じモデルでも年式によって使われているパネルやバックライトが異なるケースもあるので、持っている機種の確認は念入りに行うことをオススメします。

東芝で査定価格が期待できるテレビ

レグザ(REGZA)65M530X

レグザ(REGZA)65M530X

M530Xシリーズは4K液晶レグザで、4K放送や地デジで木になりがちなブロックノイズやモスキートノイズを大きく減らしてくれます。4K映像を見ながら、別の4K放送を録画できる実用的で便利な機能もついているので、見たい番組がたくさんある人に特に好評です。

録画は自分の好みに合わせたものを自動で録画することもできるので、見逃しを無くせます。レグザエンジン エボリューション-Sも搭載しているので、とても高精細な描写を実現しています。

レグザ(REGZA)50BM620X

レグザ(REGZA)50BM620X

BM620Xシリーズは4K HDRパネルとレグザエンジンれぼーリューションで美しい映像に加えて、重低音バズーカオーディオシステムが採用されています。まるでライブ会場で聞いているような奥行きがあって、体に響くような重低音をBM620X一台で体感できます。

録画機能やネットワーク、タイムシフトリンクなど映像と音響以外も充実していて、幅広い層に人気のモデルです。

買取価格をアップするためのコツ

買取価格をアップするコツや工夫のイメージ写真

メーカーのことや、持っているテレビの型番が分かったところで、買取してもらうために、また少しでも高く売るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

できるだけ商品の情報や状態を伝える

テレビのメーカーや、背面に記載されている型番など、製品の情報を詳しく伝えることで正確な査定価格がわかりやすくなります。

また、製造年月や汚れ、動作の不具合も査定価格を大きく左右するので正直に伝えることが大切です。売りたいテレビの情報、状態が良いと伝われば、思い切った価格を付けてくれる確率が高まります。

付属品・保証書を揃えておく

保証書や付属品がある場合、査定日までに必ず揃えておきましょう。テレビの付属品と言えば欠かせないのはリモコンで、純正リモコンがないと買取不可にしているところもあるくらいです。

保証書があることで「製造年月日や購入日」の証明になったり、メーカーの純正品であることが簡単に立証できます。

日頃から丁寧に使用して、定期的に掃除する

テレビ本体の状態は外見も動作も査定の際に「重要な判断基準」になります。日頃からやさしく丁寧に使用することで、キズや汚れな付かないように心がけましょう。

また、定期的に軽く掃除をするだけでも、綺麗な状態を維持しやすくなります。将来的に売ることも考えて、大切に扱うことも高く売るコツと言えるでしょう。

できる範囲できれいに掃除をする

テレビは精密機器でもあるので、清掃は基本的に乾拭きや、ホコリを取る程度がオススメです。枠の部分など場所によっては水拭きで汚れを取ってもOKですが、壊さないように注意しながらやってください。綺麗にしようして自己判断での水拭きや洗剤を使うのはNGです。

いくつかの業者・ショップに見積りをする

同じメーカー、型番でも査定してもらう業者によって金額は大きく異なります。家電買取専門店でもテレビを得意としているかしていないか、また買取強化しているメーカーやモデルが違うので、必ず複数社で査定してもらって比較をしましょう。

少し時間や手間はかかってしまいますが、少しでも高く手放すために欠かせないことです。中には他社よりも査定額が低かったら、価格交渉OKなショップもあります。

まとめて査定を依頼する

テレビはもちろん、テレビまわりのレコーダーやスピーカー、チューナー、オプションリモコンなど、まとめて査定してもらった方が高価買取になる可能性がアップします。

家電買取専門店ならほかの家電も、家具なども買取しているなら家具などと、多ジャンルでも取り扱っているなら査定を依頼してみましょう。

売却時に気をつけたいこと

売却時に気をつけたいことのイメージ写真

テレビを売ろうと思ったけど、あまりきれいな状態じゃない、動作に問題がある、リモコンや保証書が見つからないなど、売るときに気を付けたいことです。

動作に不具合があると売れにくい

テレビで動作に不具合があると基本的に売ることは難しいです。高性能モデルなら修理も視野に入れてもいいかもしれませんが、修理にもお金が結構かかってしまうので、修理の金額と査定額の相場を見て考えましょう。

中にはジャンク品を買取している業者もいるので、壊れたテレビでもそのまま買取や引取をしてくれるところもあります。

再販できないほどの、大きな傷や汚れがあると売れない場合もある

テレビのメインの動作に問題がなくても、大きな傷や落ちない汚れは、次に使う人も購入したいと思えないので再販しにくく、買取を断られるケースもあります。業者によっては修復や修繕ができるところもありますが、買取を断られてしまった場合には適切な方法で処分しましょう。

メーカー純正じゃない部品が使われていたり、リモコンがない

テレビを使っていた時に壊れた経験があって、メーカーじゃないところで修理をした方は要注意です。メーカー純正じゃない部品を使っていたり、また自分で修理した経験があると、テレビ本体の価値は大きく下がるばかりか、買取不可になる可能性が上がってしまいます。

また、テレビに必須アイテムのリモコンがない、リモコンが純正じゃない場合も、買取不可としている業者・ショップが多くなっています。

レグザを高価買取してくれるオススメ業者

埼玉、東京、神奈川に住んでいる人は必見、コレイルシティ

コレイルシティ

液晶テレビの買取に力を入れているコレイルシティ(COREILE city)では、レグザの買取実績も豊富です。各メーカーの特徴やレグザの性能も熟知しているので、適切な価格での買取が可能になっています。埼玉、東京、神奈川(一部)は無料で出張買取に来てもらえますが、宅配買取や持込買取も対応しています。どの方法でもテレビの知識があるスタッフが査定を行ってくれるので、安心して任せられます。

コレイルシティで査定してみる

年式が古くても買取してくれる、ハードオフ

ハードオフ

家電製品を幅広く買取しているハードオフは、テレビやその周りの音響機材、レコーダーなども併せて買取してもらうことができます。ショップによっては決められた年式以前のものは買取不可の場合がありますが、ハードオフは年式が古くても買取可能で、さらに付属品がなくてもOKです。他の家電で買取してほしいものや、買取を断られたジャンク品も買取してもらえるかもしれないので、気軽に近くの店舗に問い合わせてみてください。

5年以内の液晶テレビは確実に買取してくれる、買取ドットコム

買取ドットコム

買取ドットコムの液晶テレビ買取は製造から5年以内の製品なら確実に買取してくれるので、新しめのテレビを持っている人にオススメできるサービスです。さらにサイズの制限もなくて、80型の大きなテレビから10型の小さなテレビまで買取対応しています。一緒にテレビに付随するDVDレコーダーやスピーカーなどの家電や、家具も一緒に買取してくれるので、複数売りたい方や引っ越し前の方にも愛用されています。

まとめ

レグザについての紹介と人気製品を纏めました。この他にもまだまだテレビの種類もオプション品も販売されているので、掲載されていない液晶テレビやオプション品も廃棄する前に、家電買取専門の業者かショップに相談しましょう。何年以内の製品だけ買取と最初から記載のあるところでは古いモデルの買取は難しいですが、状態が綺麗で動作に問題がなければ買取してくれる業者もたくさん存在します。

中にはジャンク品を買取している業者もあるので、動作に問題がある場合や買取不可になるような大きな傷や割れがあるものでも、諦めずに探してみてください。CMで見ない日はないほどレグザは需要があるので、ハイビジョン液晶テレビも4K液晶テレビも良い状態であれば少しでも高く買取してもらえるように、最低限のメンテナンスと付属品の準備は忘れずにに行ってください。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top