買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

好み合わないお酒、いらないお酒は売れる?お酒の売却方法、買取してもらう際のポイントを解説します!

2020.06.12

小山大作小山大作

不用品を売る・買取してもらう方法

人からプレゼントされたけど好みに合わないお酒、飲みきれなかったお酒など未開封のものは、売却することが可能です。 高級なお酒の場合には高値が付くこともあるかもしれません。 本記事で、不用なお酒の売却方法、買取してもらう際のポイントなどについて解説いたします。

お酒を売りたい場合にはできるだけお早めに行動しよう

不用なお酒を売却する際には、できるだけ早めに行動するのがポイントです。

日本酒は製造から○○年以内と決まっている買取業者が多い

なぜ、早めに行動したほうが良いのかというと、お酒の種類によっては製造日から○○年以内のものしか買取しないと決めている業者が多いからです。特に、日本酒の場合には、古酒などの例外を除いて、製造日から年月が経っているものは買取不可となってしまうケースがほとんどです。

たとえ高級品の日本酒だったとしても、製造日から時間が経ってしまうと、価値が大幅に下がってしまうこともあるので、不用な日本酒をお持ちの方はすぐに買取業者へ相談することをおすすめします。ブランデー、ウイスキーなどのお酒に関しては、賞味期限がありませんから、古いものでも買取してもらいやすいです。

お酒は未開封品が売れやすい

お酒は基本的に未開封品が売れやすい傾向です。一度開封してしまったものは、中身に問題がなかったとしても、衛生上の問題などもあり、買取不可となってしまいます。ラベルや蓋などが激しく損傷しているお酒も、お値段が付かないことがありますので注意が必要です。ごくまれに開封したお酒でも買取してくれる業者もありますが、基本的には未開封ものしか売れないと思っていたほうが良いでしょう。

買取してもらいやすいお酒とは?

お酒は、売れやすいものと、売れにくいものがあります。まずは、どんなお酒が買取してもらいやすいのかについて、項目ごとに見ていきましょう。

ウイスキーやブランデーなどの洋酒、日本酒、中国酒などは売れやすい

売れやすいお酒は、ウイスキー、ブランデー、ワインなどの洋酒です。これらのお酒は愛好家がたくさんいることから、積極的に買取している業者も多いのです。また、日本酒、焼酎、中国酒なども、よく売れやすくなっています。

高値で売れるお酒もある

高級シャンパン、有名ブランドのワインなどは、高値が付くことも珍しくありません。また、限定生産の日本酒など、数が少なくて入手困難なもの、珍しいお酒なども高額で売れやすい傾向にあります。

国産ウイスキーや輸入ウイスキーは売れやすい

ウイスキーは、よく売れやすいお酒です。特に、山崎、竹鶴、イチローズモルトなどのブランド品のウイスキーは値段が付きやすくなっています。そのほか、白州、マッカランなど人気ブランドのウイスキーも売れる確率が高いです。ウイスキーは新品よりも、製造日から時間が経っているもののほうが高額となる場合も珍しくないので、売りに出す前にラベルなどをよく確認して製造日をよく確認してみてください。

売れやすいワインの種類

ワインも愛好者が多く、人気の高いお酒なので、よく売れやすいです。特に、ロマネ・コンティ社、ドメーヌ・ルフレーヴ、ジャン・ピエール・ムエックス社などの高級ブランドワインは、思わぬ高値が付くこともあります。ワインを売却する際には、ブランド名をよく確認しておくことをおすすめします。

売れやすい日本酒の種類

日本酒はさまざまな酒造メーカーからたくさん商品が販売されていますが、特に売れやすいのは、羅生門や八海山金剛心などの有名な日本酒の銘柄です。南部美人、旭酒造、神沢酒造場などの日本酒も割と良い値段で売れることが多くなっています。日本酒は、本醸造、吟醸、純米吟醸など種類が豊富です。その中でも、純米大吟醸、純米大吟醸などが高値で売れやすいので、日本酒を売りたい場合には種類をよく把握しておくと良いでしょう。

買取が難しいのはどんなお酒?

買取のは、開封済み、個人の名前入り、ラベルがはがれた状態のお酒です。
どんなお酒が売れにくいのか項目ごとに解説します。

賞味期限の切れたお酒

賞味期限が切れたお酒は、香りや味が劣化していることが多いので、買取に出しても売れる可能性が低くなってしまいます。特に日本酒の場合は、古くて賞味期限が切れたものは、買取してもらうことは難しいでしょう。

開封済みのお酒も売れない

開封してしまったお酒も売れません。お酒は一度開封してしまうと、空気が入り込んで酸化が進んでしまい、味が変わりやすくなってしまうのです。また、開栓して空気に触れてしまうと、香りも飛んでしまいます。味や香りが劣化してしまったお酒を飲みたいと思う人はいませんので、売りに出したとしても買取してもらえる確率はかなり低いです。

中には開封品のお酒でも買取してくれる業者もありますが、メーカーや飲食店などを対象としている場合がほとんどで、一般の方が自宅で保管していたお酒に対応してくれるところは少ないですので、買取先を探すのが大変かもしれません。

個人名入りのお酒は売れにくい

プレゼント品などでラベルに個人名が記載されたお酒も売れる可能性が低いです。個人名が入っていると再販が難しくなってしまうため、業者もあまり買取したいと思わないからです。名前入りのお酒は未開封品、高級品だったとしても、まず売れないと思っておいたほうが良いでしょう。

ラベルがはがれているものや大きな汚れがあるお酒

ラベルは、お酒の顔となるとても重要な部分です。お酒好きな方の中には、お酒を飲んだ後にラベルを丁寧にはがしてコレクションしている人も珍しくありません。ラベル自体に高い価値を見出す人も多いので、はがれてしまったものやシミなど大きな汚れが目立った状態のお酒は買取が難しくなってしまうことがあります。

中身が減ってしまったお酒

お酒は開封しなくても、経年劣化によって中身が減ってしまうことがあります。量が減ってしまったお酒も売れにくいので、買取に出すのはあきらめたほうが良いかもしれません。

お酒を買取してもらう際のポイントについて

最後に、お酒を買取してもらう際のポイントについて解説します。
少しでも良い値段で不用なお酒を売りたいと思っている方は、ぜひ、参考にしてみてください。

お酒買取専門店を選ぶのがおすすめ!

お酒を買取している業者はたくさんありますが、一番おすすめなのはお酒の買取を専門にしているお店です。専門店ならば、お酒の銘柄に詳しいスタッフが鑑定してくれるので、適正な価格で買取してもらえる確率が高いからです。特に、高級ブランドのお酒、貴重なお酒を売りたい場合には、お酒に詳しい鑑定士が在籍しているお店を選んだほうが、高額査定が出やすくなります。業者が在庫処分などでお酒を処分した場合には、お酒の取引実績がある在庫品買取業者を選ぶのもおすすめです。

一度に複数のお酒をまとめて査定に出す

処分したいお酒が複数ある場合には、1点ずつではなく、一度にまとめて査定に出すと良いでしょう。買取業者も一度にたくさん買取したほうが都合が良いので、点数が多いとその分だけ買取金額もアップしやすくなります。不用なお酒は一度にまとめて売ってしまったほうが片付けも効率よく行えますし、に手に入る金額も多くなるというメリットもあるので、お得です。

事前にお酒の買取相場を検索しておこう

お酒の買取額は業者によって異なっています。事前に相場価格をリサーチしておけば、お持ちのお酒が希少価値があるかどうかもわかるので、安く買い叩かれてしまうのを防ぐことができます。また、売りに出す前に相場価格を把握しておくことで、業者に買取を依頼する際にスムーズに交渉しやすくなるのです。

インターネットで検索すれば、お酒の販売価格を調べることができますし、オークションサイトなどでもおおよその買取額を把握することが可能ですので、いろいろとチェックしてみてください。業者の中には、オンラインやメールで簡単な見積もりを行っているところもあるので、利用してみると良いでしょう。

少しでも早く行動することが大切

お酒を売りたいと思ったら、少しでも早く行動することが大切です。そのまま放置してしまうと、賞味期限が切れてしまうことやラベルなどがはがれてしまい、買取金額が下がりやすくなってしまいます。ウイスキー、ワイン、ブランデーなどのお酒は賞味期限はあまり気にする必要はありませんが、少しでもラベルや外観がきれいなほうが高値が付きやすくなるので、できるだけすぐに売りに出して、現金化してしまうのがおすすめです。

箱などの付属品がある場合は揃えておくこと

お酒を売りに出す際には付属品も揃えておくのがコツです。外箱、シリアルナンバー、替え栓などの付属品が揃っていると、買取金額がアップしやすくなるのです。売却する前に、どんな付属品が付いていたかよく思い出して、忘れずに準備しておいてください。

単価が安いお酒はまとめて売りに出す

単価が安いお酒の場合には、買取してもらえない可能性があります。買取してもらえる場合でも、金額が低くなってしまうことがほとんどでしょう。ただ、単価が低いお酒であっても、複数本まとめて査定に出すことで、買取してもらえる場合があります。やすいお酒だから売れないだろうとあきらめずに、複数本なら対応してもらえるかどうかダメ元で交渉してみることをおすすめします。

お酒を高価買取・大量買取してくれる業者/ショップ

在庫品買取のエルストックでは、お酒も高価買取してくれます

エルストック(L-STCOK)

エルストックのお酒買取は、余剰在庫や閉店で残ってしまったお酒などをまとめて買取してくれます。特に単価の高いシャンパンやワイン、ウイスキーは数が少なくても高価買取の対象になるので、自分で処分する前にエルストックまで相談してみてください。ノンアルコールや賞味期限切れのお酒、開封済みのものは買取ができませんが、その他であれば少数でも大量でも無料で出張買取に来てくれます。

エルストックで査定してみる

お酒買取専門店、ジョイラボ(JOY LAB)

ジョイラボ(JOY LAB)

北は北海道、南は福岡まで店舗を持っているジョイラボは、お酒の買取でお客様満足度、買取価格満足度、スタッフ対応満足度でどれもナンバーワンを獲得しています。査定から買取までの自己負担がない点や、買取方法ら選べるのもジョイラボの強みです。特に買取が多いお酒の種類や銘柄を掲載しているので、売るか迷っている方や、他店で査定中の方も、一度ジョイラボを覗いてみてください。

独自ルートでどこよりもお酒を高価買取、ファイブニーズ

ファイブニーズ(Five Needs)

ファイブニーズもお酒買取専門店で、お酒の販売免許を持ったプロが査定、その後の再販経路もしっかり確保しています。リサイクルショップやオークションとは違って、常にレストランやホテルと提携していること、買取したお酒をそのまま次の人へ売れること、コレクターとの連絡や海外ルートも確保しているので、高額買取が可能になっています。平均買取金額や最高買取金額も載っているので、目安にもなると思います。

まとめ

以上、不用なお酒のお酒の売却方法、買取してもらう際のポイント、売れやすいお酒の種類などについて、解説しました。お酒を売りに出す際には、できるだけお酒に精通したスタッフがいる買取専門店がおすすめです。お酒のビンは割れやすいので、買取業者を利用する際には、破損には十分に注意するようにしてください。

割れてしまうと価値が下がって、買取が難しくなってしまいます。もしも、お酒が売れなかった場合には、現金化はあきらめて、親しい友人にプレゼントする際や調理の際に使ってみてはいかがでしょうか?普段の料理にちょっとお酒を加えるだけで、よりおいしい味に仕上げることができますので、アレンジを楽しんでみてください。

お酒はそのまま排水に流すことで捨てることができるので、簡単に処分できます。空きビン、蓋、ラベルなどは、お住まいになっている地域のゴミ回収のルールに従って分別して、適切な方法で捨てるようにしてください。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top