買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

自力で運ぶのが難しい重たい家具はどう処分するのがベスト?おすすめの方法をご紹介します!

2020.02.07

小山大作小山大作

不用品を処分したい

タンスやベッドやダイニングテーブルなど大きくて重量がある家具は、移動させるのも大変ですから、捨てる際に苦労しがちです。

女性や高齢者など体力がない方の場合は、自分たちだけで捨てることができずに困ってしまう方もいらっしゃることでしょう。 重たい家具のおすすめの処分方法について、本記事でご紹介いたしますので、ぜひ、参考にしてみてください。

目次

重たい家具を処分したいけど運べなくて困っている

重たい家具は自分で処分することが難しい場合もあります。ではそのようなときはどうすれば良いのでしょうか。

重たい家具の例

大型のタンスや壁面本棚など、高さや横幅を取る大型家具は非常に重たいので、一人で動かすのは大変です。 ベッドも重たい家具の代表でしょう。 特に、キングサイズベッドやセミダブルベッド、二段ベッドなどは、一人で動かすのはまず無理と思っていたほうが良いかもしれません。

また、小型のソファーや椅子やテーブルであっても使用している素材によっては、非常に重たいものもありますので、移動させる際には怪我をしないように注意が必要です。

友達や家族など身近に頼れる人はいないか探してみる

タンスやベッドなど自分一人で動かすのが難しい家具を処分する際には、まず身近に頼れる人がいないか探してみると良いでしょう。 力のある男性の親戚や友達がいる方は、手伝ってもらえないか相談してみてください。

頼れる人がいない場合はご自宅まで来てくれる業者を探してみよう

一人暮らしの方は身近に頼れる家族や友達がいないという場合もあることでしょう。あるいは、手伝ってくれそうな人がいたとしても、お仕事などが忙しいなどの事情があって、頼みにくいということもあるかもしれません。

そんなときには、ご自宅まで出張してくれる業者を利用するのもおすすめです。お電話1本でご自宅まで来てくれる業者もありますので、連絡を取って相談してみることをおすすめします。

自力で運べる場合、もしくは、誰かに協力してもらえる場合

では自力で運べる場合や協力者がいる場合にはどのようにするのが良いのでしょうか。

粗大ゴミとして処分する方法

自力でなんとか運べそうな場合、あるいは、誰かの協力を得られそうなときには、粗大ゴミとして処分してしまうのが一番おすすめの方法です。指定された場所まで自分で持っていく必要はありますが、とても簡単ですし、自治体が行っているサービスなので、安心感もあります。粗大ゴミの出し方、料金については、お住まいになっている地域の役所のホームページで確認してみてください。

欲しい人に譲る方法

まだ使えそうな状態の良い家具は、欲しい人に譲ってしまうのもおすすめの処分方法です。この方法ならば、家具の運び出し作業も、自分や欲しい相手と一緒に行うことができますので、効率良く処分することができます。家具が欲しい人がいないか、友達や親戚や職場の同僚などに聞いてみると良いでしょう。

不用品回収業者のところまで持っていく方法

車を持っている方で、友人や家族に協力してもらいながら、自分たちだけで運搬が可能な場合には、不用品回収業者のところまで持っていくのもおすすめの方法です。場合によっては、自治体の粗大ゴミに出すよりも、安い費用で捨てられる場合もあります。

ただし、不用品回収業者の料金は、業者によって差がありますので、利用する際にはよく確認しておくことをおすすめします。

自力で運ぶのが難しい場合の処分方法について

では家具が重くて自力で運ぶのが難しく、頼れる人がいない場合にはどうすれば良いのでしょうか。

捨てたい家具を細かく分解して、通常のゴミとして捨てる方法

組み立て式の家具など、分解できそうなものはバラバラにして通常のゴミとして捨てることもできます。通常のゴミとして捨てる場合には、粗大ゴミのように費用がかかりません。

分解して捨てる場合には、金具なども取り除いて、可燃物や不燃物に分別も行う必要があります。手間がかかっても良いから、お金をかけずに捨てたい方におすすめの方法といえます。

部屋まで引き取りに来てくれる不用品回収業者を選ぶ方法

重たい家具を自力で運び、細かく分解するのは体力も手間もかかるので、非常に大変です。無理だと思ったら、ご自宅まで引き取りにきてくれる不用品回収業者を探してお願いしてみるのもおすすめの方法です。

出張サービスを行っている不用品回収業者を利用すれば、運び出し作業もプロが代行してくれますので、自宅の床や壁などを傷付ける心配もなく、重たい家具を処分できるようになります。プロは作業も早いので、急ぎで片付けたいという場合にもおすすめの方法といえます。

引越しの場合は業者が引き取りしてくれる場合や廃棄してくれる場合もある

お引越しの場合には、利用する引越し業者によっては、不用な家具を引き取りしてくれることもありますので、相談してみると良いでしょう。

ベッドやタンスなど重たい家具を引越し先まで運ぶと、その分だけ引越し代も高くなってしまいます。いらないのであれば、業者に相談して引越しと同時に引き取ってもらうのが、効率が良いのでおすすめです。

ただ、重たい家具を引き取りしてくれるかどうかは、引越し業者によって異なります。業者によって、サービスの内容が異なっていますので、引越し業者を選ぶ際に、十分な調べが必要です。

処分したい重たい家具が売れそうな場合には?

もし重たい家具が売れそうな場合にはどのようにするのがベストなのでしょうか。

状態が良い、ブランド家具、買って間もない家具などは売れる可能性あり

使用した家具であっても、傷や汚れが少なく状態が良いものは、売れる可能性があります。特に、有名ブランドの家具、デザイナーズ家具、買って間もない家具などは、高値が付くこともありますので、ゴミとして捨てるよりも売却してしまうほうがお得になる場合もあります。

重たい家具を捨てる前に、売れそうかどうか状態をよくチェックしてみると良いでしょう。

フリマアプリやネットオークションサイトに出品して売却する方法

重たい家具を売却したい場合に、一番お手軽なのはインターネットオークションサイトを利用する方法です。最近は、ヤフーオークション以外にも、メルカリやラクマなどいろいろフリーマーケットアプリなどもありますので、パソコンを持っていない方でも、スマートフォン1つで不用な家具を売却できてしまいます。この方法ならば、自分の好きな値段を設定して、家具を売ることができます。

フリマアプリやインターネットオークションサイトを使う場合の注意すべき点は、家具の写真を撮ったり、状態を詳しく説明したりなどの手間がかかってしまうことです。閲覧者から質問が届くこともあるので、丁寧に答えたり、追加で写真を用意したりなど、いろいろとやることがあります。また、買い手がすぐに見つからないこともあり、売れるまでに時間がかかってしまうこともあるので、時間に余裕がある方に向いている方法といえます。

オークションサイトやフリマアプリを利用して買い手が見つかったら、発送や梱包も自分で行わなくてなりません。テーブルやタンスなど大きくて重たい家具の梱包や発送作業は、素人では難しいので、業者にお任せしてしまうのがおすすめです。大手の宅配業者が行っているらくらく家財宅急便を利用して、発送を行っている方も多いので、相談してみると良いでしょう。

出張サービスを行っているリサイクルショップに買取を依頼する方法

フリマアプリやネットオークションサイトは、自分の希望の価格を設定できるのが魅力ですが、手間がかかってしまうというデメリットもあります。もっと手軽な方法で、家具を売りたい場合には、出張買取サービスを行っているリサイクルショップに依頼するのがおすすめです

リサイクルショップの鑑定士が自宅まで来てくれて、その場で値段を付けて買取してくれるうえに、運び出し作業なども引き受けてくれるので、楽に処分することができます。 ただし、リサイクルショップへ売る場合には、希望の価格で買取してもらえない場合もあるというデメリットもあります。高級な家具であっても、安い価格で買い叩かれてしまう可能性があるので、高値で売りたい場合には注意が必要です。

ブランド家具・デザイナーズ家具は家具専門買取業者に依頼するのがベスト

重たくて処分に困っている家具が、有名ブランド品である場合や人気デザイナーズ品であった場合には、リサイクルショップよりも、家具専門の買取業者に依頼したほうが高値が付く可能性があります。家具専門業者には、ブランドに詳しい専門スタッフが在籍しているので、適正な鑑定が受けられるため、良い値段で売れやすくなるのです。

出張買取を行っている家具専門の買取業者を利用すれば、自宅にいながら不用な家具を現金化できてしまいます。ブランド家具やデザイナーズ家具をお持ちの方は、リサイクルショップへすぐに売らずに、家具専門の業者の査定を受けてみることをおすすめします。

重たい家具を買取してくれる業者の一例

ブランド家具・デザイナーズ家具買取一筋のエルライン

L-line(エルライン)

手放そうとしている重たい家具、大きな家具がブランドもの、もしくはデザイナーズ作品なら処分する前に一度、エルラインで無料査定を受けてみることをオススメします。査定は申し込目は即日行ってくれますし、詳細が分かれば電話でおおよその金額も教えてくれるので、急いで手放したい人にも向いています。

基本的に年数の経った家具やキズ、汚れのある家具は売ることが難しいとされていますが、ブランド家具とデザイナーズ家具に関してはそうとは限りません。勿論、状態が綺麗ならきれいなほど望ましいですが、多少の使用感よりもそのブランドやデザイナー、作品そのものに大きな価値があります。

ソファやテーブル、シェルフやチェストなど重たい家具でも、エルラインなら無料で出張買取来てくれます。ブランドやメーカーが分からない場合には、一度裏面や端っこのシールやラベル、刻印などを確認してみてください。思わぬ高価買取になるかもしれません。

L-line(エルライン)で査定してみる

オフィス家具の処分ならオフィス家具買取.jpがぴったり。

オフィス家具買取.jp

オフィス家具買取.jpは名前の通り、オフィス家具を専門に買取している業者です。オフィス家具はデスクもテーブルも基本的に重たい物がおいです。チェアも数個から数百、数千個に上ることもあって、他にも応接セットやキャビネット、ロッカー、パーテーションなども一人では運んで処分が難しいです。

ですが処分しようとしているのが法人様なら、オフィス家具買取.jpに相談してみるのも一つの手だと言えます。地域でナンバーワンの高価買取実績を持っていて、さらにコピー機などのOA機器も一緒に買取が可能です。東京都、埼玉県、神奈川県に密着している業者なので、その地域の法人様は必見です。

オフィス家具のまとめて買取はもちろん、その家具がハーマンミラーやウィルクハーン、ヴィトラ、USMハラー、ジロフレックス、その他有名なブランドやメーカーのものだと高価査定が期待できます。時々高価買取キャンペーンも行っているようなので、一度問い合わせてみてください。

関西で重たい家具を処分したいなら、圧倒的高価買取の「かいとりや本舗」

かいとりや本舗

かいとりや本舗は大阪、神戸を中心に買取をしている業者で、経験と実績はなんと20年にも及びます。かいとりや本舗の家具買取の他社と違う点はニトリの家具でも買取してくれたり、クローゼットやワードロープなどの大きな物も積極的に買取をしているところです。

重たい家具と一緒に他の家具を査定に出すことも可能です。自分で詳細が分からない製品も丸投げでお任せして大丈夫で、さらに有名ブランドやデザイナーズ家具だった場合にはしっかりと適切な価格を出してくれます。他にもビンテージ品やアンティーク家具、無垢素材を用いたものなどは高価買取になる可能性大です。

大きな家具でも重たい家具でも、複数名で安全に梱包して運び出しから搬送まで行ってくれます。事前に出すための経路を確認するので、そのような心配も不要です。かいとりや本舗は家具以外の買取にも対応しているので、家をまとめて掃除したい人や引っ越しの際には家電もその他のパソコン、楽器、ホビー、インテリア、貴金属なども任せられます。買取できるジャンルがとにかく広いのもかいとりや本舗の強みです。

重たい家具を処分する方法のまとめ

以上、重たい家具を処分する方法について、ご紹介しました。友達や家族の協力が得られる場合や自力で運べそうな場合には、お住まいの地域のルールに従って、粗大ゴミとして捨てるのが一番簡単な方法です。粗大ゴミとして捨てる際には、落として、怪我をしないように十分に注意してください。

あるいは、友達や職場の同僚やご近所さんなど、欲しい人に譲ってしまうのもおすすめです。身近に頼る人がいない場合には、出張サービスを行っている不用品回収業者に引き取ってもらうと良いでしょう。

傷や汚れが少ないきれいな状態の家具に関しては、リサイクルショップやネットオークションやフリマアプリなどを利用して、売却することもできます。ブランド家具やデザイナーズ家具などは、家具を専門に買取している業者にお願いしたほうが、より高値が付くこともあります。このように重たい家具の処分にもいろいろな方法がありますので、自分の環境や売りたい家具の状態に合わせて、最適な方法を選ぶようにしてください。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top