買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

エアコンはどう処分したらいい?法律に従った正しいエアコン処分方法のいろいろ。

2020.02.21

小山大作小山大作

不用品を処分したい

気象変化の激しい昨今、夏は室内を涼しくし冬は暖めてくれるエアコンの恩恵を受けているご家庭は多いでしょうが、便利なエアコンも寿命や故障、また引っ越しなどで買い換えや処分をしなければならない方もいらっしゃるかと思います。

あなたはエアコンをどのように処分していますか?一般の粗大ゴミと一緒に出そうとしていませんか? エアコンは一般の粗大ゴミと違い、家電リサイクル法に従って処分しなければなりません。

また処分方法はさまざまで、たとえば家電量販店に依頼する場合と買取業者に依頼する場合ではかかる費用が変わります。ここでは家電リサイクル法のご説明と家電量販店・不用品回収業者・買取業者などさまざまな処分方法をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

エアコンの処分方法は家電リサイクル法に従わなければならない

使えなくなったエアコン、使わなくなったエアコンは粗大ゴミにして、いつものゴミ置き場や家の前に出せば良いのかと思われがちですが、エアコンは一般の粗大ゴミとは違います。

2001年に制定された家電リサイクル法によって特定品目の一つとなり、その処分方法は家電リサイクル法に従わなければならず、一般の粗大ゴミの方法と大きく異なります。 間違った方法で処分すると罪に問われることもあるので注意が必要です。 ここでは家電リサイクル法についてご説明します。

家電リサイクル法とは

家庭からゴミに出された家電製品はどうなるかご存知でしょうか。 一部の金属は資源として回収されますが、その大部分がこれまで埋め立てられていました。

ところがゴミの埋め立て場の減少が社会問題となり、また家電製品には鉄やガラス・アルミなどの非常に有用性のある多くの資源からできていることから、一部の家電製品はゴミとしてそのまま処分するのではなく回収して解体・分解しリサイクルしようという目的で2001年、家電リサイクル法が制定されました。

家電リサイクル法では次の4つの家電を特定品目としています。 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。 そしてエアコンを含めたこれらの家電製品を処分する場合にはリサイクル料金がかかり、家電製品を排出する消費者が負担をして処分することと定められました。

リサイクル料金支払い方法

リサイクル料金の支払いは家電リサイクル券を購入することで行いますが、料金郵便局振込方式と料金販売店回収方法の2つがあるのでご説明します。

料金郵便局振込方法は、お住まいの自治体や許可を得てエアコンの引取りをしている業者に直接エアコンを持っていき処分をしてもらう際に、事前に郵便局で支払いをする方法です。 一方、料金販売店回収方法は、エアコンを購入した家電販売店にエアコンの処分を依頼し、家電販売店にその料金を支払う方法です。

家電量販店はサービスが充実しているところが多く、家電量販店でエアコンを買い換える際などはこの方法で料金を支払う方が多いです。 続いて、家電量販店・不用品回収業者・買取業者などに依頼して、また自分で処分する方法やネットなどを利用する方法についてご紹介します。

家電量販店に処分をしてもらう

エアコンの処分に手間をかけず簡単に済ませたい方におすすめなのが、家電量販店に依頼することです。 家電量販店・家電販売店でのエアコンの処分方法についてご説明します。

エアコンを購入する家電販売店や購入した家電販売店に依頼する

●これからエアコンを購入する場合
家電量販店などでこれからエアコンを購入する場合は、購入と同時に古いエアコンの処分を依頼することができます。家電量販店は家電リサイクルの収集を行う義務があるので、こちらから頼まなくても、エアコンの購入時に「古いエアコンの収集をご希望しますか」と聞いてくれるところが多いです。

●エアコンを購入した販売店に処分してもらう場合
またエアコンを購入した販売店に依頼する方法もあります。 エアコンの小売店は消費者から購入した家電製品の収集を頼まれれば応じなければならない義務があります。 よってエアコンを購入したお店が近い場合は購入元のお店に依頼するのもおすすめです。

煩雑で手間のかかる作業がいらないのが家電量販店

これからエアコンを購入する家電量販店に依頼する一番のメリットとしては、手間のかかる作業をすべて引き受けてくれることです。 エアコンの取り外し、収集所までの運搬、リサイクル券の記入・支払いをすべてワンストップで代行してくれます。 エアコンの取り外しはご自分ですることは難しいですし、街中で車を持っていない方には運搬もしてくれるというのはとてもありがたいです。

またリサイクル券の購入や支払いも郵便局やゆうちょ銀行に行く手間が省けますので、普段お仕事などで忙しい方には便利でしょう。 ただし取り外し料金・運搬料金は基本的にご自身の負担になるので注意してください。 とはいえ大手の家電量販店だとセールやまとめ買いなどで総額から割引になることもあるので、掛け合ってみるのも良いかもしれません。

また家電量販店によって取り外し料金・運搬料金に違いがあるので、気になる方はこの点も確認してください。 エアコンを購入した小売店に依頼するメリットとしては、自宅まで回収しに来てくれるので、運搬料はかかりますが自分で運搬する必要がないことです。

またリサイクル券の記入や支払いも代行してくれるのでこの手間も省けます。 ただしエアコンの取り外しを引き受けてない小売店の場合は自分で取り外しをするか、別で業者に依頼をしなければなりません。取り外しを業者に依頼する場合は取り外し料金がかかります。

不用品回収業者に処分してもらう

郵便受けに不用品回収のチラシが入っていることはありませんか。 またトラックで不用品の回収をアナウンスしている業者に出くわしたことはありませんか。 不用品回収業者もエアコンの処分に対応しているので、ここでは不用品回収業者に依頼する際のポイントをご説明します。

家まで来てくれて取り外しも運搬も任せられる

不用品回収業者に依頼するメリットは、希望の日時に家まで来てくれて取り外しや運搬もしてくれ、それを比較的安めの料金で行ってくれることです。 なぜ安くできるかといえば、自社でエアコンを修理してリユースしたり、または資源回収業者に卸したりしているからです。

よって費用を抑えてエアコンを処分したいという方には不用品回収業者がおすすめです。 ただし業者によっては高額になってしまうこともあるので、ネットで確認し、何社か見積もりを取ることをおすすめします。

エアコン以外にも不用品がある方におすすめ

不用品回収業者はエアコンのほかにもさまざまな品の回収をしているので、ほかにも処分したいものがある方には、おすすめです。

安すぎる価格には要注意

不用品回収業者は、法律により一般廃棄物収集運搬業許可を受けていなければなりませんが、最近無許可で行っている不用品回収業者が問題となっています。

誤ってこうした業者に依頼してしまうと、不法投棄をされることや不適切な処理による火災などのトラブルの発生、また回収品によっては個人情報が流出するおそれもあるので注意が必要です。 また他社と比較して料金が安すぎる業者にも注意が必要です。

自分で処分する

車があり時間にも余裕のある方の場合で一番費用をかけずに処分できるのは、収集場にご自分でエアコンを運んで処分する方法かもしれません。 ご自分で処分する場合の方法についてご紹介します。

郵便局でリサイクル券を購入する

ご自分でエアコンの処分をする際の特徴は、料金販売店回収方法ではなく、必ずリサイクル券を自分で購入し料金の支払いをする料金郵便局振込方式になることです。

実際の流れとしては、まず郵便局へ直接足を運び、備え付けてある家電リサイクル券に必要な事項を記入します。 なお家電リサイクル券は複写になっていて5枚で一冊になっています。

記入が終わったら窓口やATMで料金を支払います。 そうすると振替払込受付証明書を受け取ることができるので、これを家電リサイクル券に貼り付けます。

収集所に予約をする

リサイクル料金を支払ったら、続いてエアコンの収集所に予約をします。 都道府県ごとに使用済みの家電製品の収集所が指定取引場所として決められていますので、ご自分のお住まいの地域の指定取引所を探し、持ち込み日を予約しましょう。

エアコンの取り外し

持ち込み日を予約したら、その日時に間に合うようにエアコンの取り外しを済ませておかなければなりません。 エアコンに詳しい方はご自分で取り外しをしてください。 ただし通常の場合、素人には難しく危険ですし、室外機も外さなければなりません。 よって別途料金はかかりますが、業者に取り外しをしてもらうと安心です。

ネットオークションやジモティーで譲る

まだ使えるエアコンであれば、廃棄処分にするのではなくほかの人に使ってもらうという方法もあります。 ここではネットでのオークションやジモティーを利用する際のポイントをご紹介します。

新しいエアコンであれば値段が付きやすい

販売されて5年以内のエアコンであれば、良い値段が付くことが多いです。 それ以降のエアコンだと新モデルが出ていることが多く、値段が付きにくくなります。 よって販売されてまだ間もない機種のエアコンであれば、販売店や回収業者に引き取ってもらうよりもネットオークションやジモティーを活用すると、良い値段で売れることもあります。

スムーズなやり取り

販売店や回収業者に引き取ってもらうのと違い、ネットオークションやジモティーで譲る場合、エアコンを欲しい人に受け渡すことになるので、やり取りがスムーズに円滑に進みます。 貰う方も定価で買うよりも納得した条件で譲り受けるため、喜んでもらえ、気持ち良く受け渡しがしやすいです。

注意点

ネットオークションやジモティーを利用する際の注意点は、エアコンの取り外しを自分でしなければならない点です。 エアコンの取り外しを自分でするのは難しく危険です。

また自分での取り外しに失敗し、エアコンを傷付けてしまうおそれもあるので、費用はかかりますがエアコンの取り外し業者に依頼すると安心できます。

また家電製品は新しいモデルが随時作られているので、古い機種のものだとなかなか買い手がつきにくいことも覚悟しておきましょう。

買い手が見つかるまで時間がかかることもある

ネットオークションやジモティーは買い手がすぐに見つかることもあれば、 なかなか買い手が見つからないことがあります。 よって引っ越しなどで急いでエアコンを処分したい方には向いていません。 期限を区切ってそれまでに売れなければ別の方法で処分するのがおすすめです。

エアコンの買取業者に買取してもらう

ネットオークションやジモティーよりも結果が早く出るのが買取業者です。 買取業者にエアコンの買取依頼をする際のポイントをご紹介します。

買取業者はエアコンも買取しています

買取業者というと何を買取しているのか実際のところわかりにくいですが、 エアコンを扱っている買取業者は多いです。 無料見積もりをしてくれる業者も多いので、まだ使えるエアコンであれば費用をかけて引き取ってもらうよりも、 一度買取業者に問い合わせてみると値段が付き、臨時収入になるかもしれません。

新しいモデルが狙い目

まだ次の新しいモデルが出ていないエアコンであれば、高値になる可能性があります。 新しいモデルが出ると家電製品は買取の値が下がる傾向にあるので、まだ新品で不具合のないエアコンであれば、まず買取業者に問い合わせることをおすすめします。

リサイクル料金がかからない

当然といえば当然ですが、廃棄処分するわけではないので、買取が成立すればリサイクル料金はかかりません。リサイクル料金が徴収されず買取の値も付けば、お財布的にもとても嬉しいですね。

エアコンの買取を行っている業者の一例

家電の買取ならプロにお任せ、コレイルシティ

家電買取専門コレイルシティ

コレイルシティは家具全般の買取をしていて、エアコンの買取実績も豊富です。特にうるさらや霧ヶ峰、ノクリアシリーズなどは高価買取対象になっているので、買い替えや売ることを検討中の方は一度、査定をしてもらうとスッキリするかもしれないです。コレイルシティのホームページでは買取出来るエアコンのメーカーや機種が細かく記載されているので、自分のエアコンが売れるかどうかのチェックもすぐにできて便利です。

エアコン買取強化中のトレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーは現在エアコンの買取を強化していて、キャンペーン内容は季節問わずに買取、難しいエアコンの取り外し料金が無料になっています。エアコンの取り外し料金は別途かかる業者のあるので、これはねらい目のキャンペーンと言えるでしょう。取り外しや査定、運び出しに来てくれるのは専門の業者なので、壊したり壁を傷つける心配も不要です!

まとめ

エアコンの処分は一般的な粗大ゴミと違い、家電リサイクル法に従って処分しなければなりません。 法律で決められていることなので、誤った方法で処分してしまうと罰則を科せられることがあるので注意が必要です。

家電リサイクル法により、エアコンの処分にはリサイクル料を負担しなければならず、またエアコン取り外し費用や運搬費用もかかってしまいます。 しかし自分で処分する方法やネットオークションの利用、不用品回収業者の利用、買取業者の買取など処分方法はさまざまあります。

それぞれの特徴を知り上手に活用することで、処分の費用を抑えることもできますので、ご自分に最も適した方法でエアコンの処分をしてください。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top