買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

引っ越しに際しての家電・家具の処分のコツと方法

2019.12.27

小山大作小山大作

不用品を処分する方法

引っ越しなどの際には、どうしても不要な家具や家電が出てきてしまうものです。 無理をして運んでも新居の部屋に合わなかったり、以前から持っていたものと被ったりするなど、使わない家具や家電になってしまうケースも珍しくありません。 引っ越しのタイミングに合わせて、処分できるものは積極的に処分してしまいましょう。

また思い切って不要なものを処分してしまうことで、引っ越しの作業量が減るというメリットも生まれます。 まずは、どのような処分方法があるのかを検討していきましょう。

売れる家具か、売れない家具か判断する

家具や家電を処分する際には、第一に売れるかどうかを検討してみましょう。 廃棄処分を行おうとすると廃棄費用が発生してしまう場合があります。 ですから、まずはできるだけお金に変える方向で考えてみましょう。 不用品をお金に変えることで引越費用の軽減につながります。

またリサイクル業者に不要な家具を売る場合、売れるか売れないかの判断は業者によってその基準が大きく異なるという点も覚えておきましょう。 例えばAという業者に断られた家具でも、Bという業者は高値で引き取ってくれたということもあり、値段の査定にも大きな開きがあります。 また業者を通じては売れなかったものでも、ネットのオークションやフリーマーケットで売れたということも珍しくありません。

家具が売れるかどうかを判断するためには、どこでどのようなものが売られているのかを事前に調べてみることがおすすめです。

売れない家具の処分方法

破損や故障など、ここでは様々な理由で売れずに残ってしまった家具の処分方法を紹介します

誰かに譲る

売ることができない家具は、まず知り合いに引き取ってもらうのが一番です。 売れないものを保管しておくとお部屋が手狭になってしまいます。 喜んでもらってくれる人もいますので、積極的に欲しい人を探して譲ってあげましょう。

ダメもとでリサイクルショップに持っていってみる

リサイクルショップによっては、売れない家具でも無料引取の対象になる場合もあります。 一度は市場価値がないと判断されたものですが、自分で処分しようとすると費用が発生してしまうものもあります。

その点、リサイクルショップに持ち込むことで廃棄処分の費用を減らすこともできます。 中には売れないだろうと持ち込んだ商品でも売れるものもございます。 遠慮なくお店の人に相談してみると良いでしょう。

不用品回収業者に依頼をする

自分でリサイクルショップに持ち込むのは手間がかかります。 売れそうなものを選ぶ時間や運ぶコストも大変です。 そうした場合に役立つのが不用品回収業者であり、実際に業者の方に来てもらって、その場で査定をしてもらいましょう。

その査定の金額に納得がいけば引き取ってもらう形になりますが、こちらも業者によって査定額が異なってきます。 業者によって得意分野が異なっていたりしますので、賢く使いこなすためには複数の業者を比較してみることがおすすめです。 また気をつけたいのが悪質な業者の存在です。

査定額を低く出すことはもちろん、後になってから出張料金を提示してきたりする悪徳業者もあります。 引っ越しのスケジュールが迫っている中、処分できないと困るという人の弱みに付け入る業者も少なくありませんので、利用する際には、事前によく調べておきましょう。中には相手を見て態度を変えるという業者もいますので、不安な方は一人で対応するのではなくて家族や友人といった人と一緒に応対してもらうと良いでしょう。

自治体の粗大ごみ、もしくは通常のごみとして出す

廃棄しなくてはならない家具は粗大ごみとして自治体に回収を依頼することもできます。 一般的なのが粗大ごみとして廃棄する品物に適合したシールを購入し指定場所まで持っていく形です。 また処分場に直接持ち込める自治体もあります。

お住いの自治体のホームページ等に回収方法やシールの購入方法などの解説がありますから、まずは確認してみましょう。 また大きな家具であっても通常のごみとして出せる大きさまで分解して適切な分別をすれば、通常のごみとして捨てられます。 ただし手間はもちろん、分解のための工具が必要です。 怪我をしないように注意して作業をしましょう。

引っ越し業者に引き取ってもらう

この他にも引越業者に引き取ってもらうという方法もあります。 ただし引越業者によって条件やサービスの内容が異なりますので、事前によく確認しておく必要があります。 単に廃棄処分だけではなく、不用品を買い取ってもらえるサービスを用意しているところもあります。

引っ越し業者ごとのおおよその比較

クロネコヤマトの不用品買取サービス
冷蔵庫や洗濯機などの家電製品は製造から6年以内。
家具類は購入から6年以内。
不用品の廃棄のみはNG。
アップル引越センターの不用品買取&引取
家具家電であれば基本的に何でも回収可能。
買取・無料・有料での引取。
引越後の打ち合わせや見積もり時に相談する形。
キタザワ引越センターの不用品買取・引取サービス
無料見積もりあり。日本では買い取れない家具や衣類や日用品などでも、海外災害支援活動の一環として無料で回収するサービスも実施。
アート引越センターの場合
今の所、不用品処分は対応していないようです。

売れる家具、売れる可能性がある家具

どういったものが売れる家具なのかを見極めるのは素人には難しいところがあります。 購入からあまり時間が経っていなかったり、デザイナーズブランドなどの付加価値があったりするものは売れる可能性がございますが、売るためには、いかに評価してくれる人にアプローチできるのかが重要です。

オークションサイトやフリマアプリに出品する

フリマアプリやオークションサイトに出品することで捨てようと思っていた不用品に思わぬ値段がついたというケースも珍しくありません。 説明書や付属品がなく、捨てるしかないと思っていた家電でも思わぬ値段で売れる場合もあります。 ただし先方とのやり取りや入金確認、発送などの手続きにはある程度の時間がかかりますので、余裕を持って活用するようにしましょう。

この他に実際にフリーマーケットに参加して自分で売るという方法もあります。 こちらも開催日時や申し込みの締切、さらに引っ越しとの日程調整も必要になりますので、事前確認が重要になります。 もし自分で動くのが難しい場合は、フリーマーケットに出品している知人の軒先を借りる形で依頼するといった方法もあるでしょう。

こうしたオークションやフリーマーケットでは、必ず全部が売り切れるというものではありません。 売れ残りが出ることを前提として「一部を減らす」ことを目的に活用してみるのが良いでしょう。

ブランド家具やデザイナーズ家具は専門の買取業者に依頼

ブランド品やデザイナーズ家具、オーディオ家電などは、専門の業者に買取依頼をすることがおすすめです。 一般的なリサイクルショップに持ち込むよりも、しっかりと査定してくれます。 まずは、こうした専門の業者に依頼できる不用品の選別を行いましょう。

リサイクルショップに持っていく

廃棄費用を取られることを考えると、リサイクルショップに持ち込んで処分してもらうことにはメリットがあります。 リサイクルショップは幅広く商品を取り扱っていますから、処分に迷ったら持っていくという考えも良いでしょう。 しかし。ものによってはリサイクルショップでも引き取りを断られるケースがあるという点だけは気をつけておきましょう。

買取をしてくれる業者の一例

ブランド家具を売るなら、L-line(エルライン)が安心

L-line

ブランド家具とデザイナーズ家具買取専門の業者のエルラインは、15年以上もの買取実績を持っています。買取している家具の種類やブランドの種類もかなり幅広いことが公式サイトの買取品目や、買取事例で分かります。

買取出来るブランドやどのような状態の家具が買取可能で、どのような状態が買取不可かしっかりと明記してあるので、処分するか売ってみるか迷っている人は一度覗いてみてください。ノーブランドの家具は買取できませんが、ブランド家具なら使用感があっても買取出来る、しているケースが多いです。

見積もりは無料なので、査定だけお願いして他社と比べたり、売るのをやめることも可能なので、気軽に依頼できます。電話では相談しにくい人はメールフォームや、ウェブ上で写真をアップロードして査定の機能を使えばすぐにおおよどの金額がわかるので、便利です。

L-ine(エルライン)で査定してみる

高価買取にこだわるなら、ウルトラバイヤーがオススメ

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤーは買取専門店としてジャンル問わずに買取をしている大阪の業者です。ブランド家具の買取にも力を入れていて、ブランド家具なら1点からでも買取可能、さらに査定をして他社の方が金額が高かった場合は全力で買取価格を頑張ってくれるそうです。処分したい家具がブランド家具ならウルトラバイヤーはオススメできる業者の一つです。

ブランド家具なら少しのキズや使用感、汚れがあっても買取している事例が掲載されているので、自分の使ってきた家具が売れるかどうかの判断の参考にもなると思います。ハーマンミラーやイデー、カリモク、フロス、マルニ木工、府中家具、ドレクセルヘリテイジ、USMハラーが現在買取強化中のブランドなので、これらの家具を処分する方は必見です。

ウルトラバイヤーの良いところは他にもあって、家具買取専門じゃなくて、色んなものを買取しているので、家具の査定と一緒におもちゃやフィギュア、家電や楽器なども依頼すると、査定額アップに繋がります。処分したい物が家具だけじゃない方、大阪方面にお住まいの方に向いています。

様々なジャンルを気軽に査定、買取してくれる家具買取専門店サルル

サルル

家具の買い替えや引っ越しで複数点の家具を処分したい、売りたい方に最適な買取業者のサルルは、10年以上家具だけを買取しています。サルル専属のバイヤーがしっかりと値段をつけてくれるので、ブランド家具もどこよりも高く、あまり有名でないメーカーの家具でもまとめて査定を申し込むことで買取してもらえるケースが多いです。

家具の買い替えや引っ越しで複数点の家具を処分したい、売りたい方に最適な買取業者のサルルは、10年以上家具だけを買取しています。サルル専属のバイヤーがしっかりと値段をつけてくれるので、ブランド家具もどこよりも高く、あまり有名でないメーカーの家具でもまとめて査定を申し込むことで買取してもらえるケースが多いです。

引っ越しで処分することの多いソファやベッドなどの大型家具も、チェアやテーブルも買取対応で、寝具やカーペットも受け付けています。トラックで出張してくれる費用や、運び出しの費用も掛からないので、費用を抑えながら家具を売ることがサルルなら可能です。

きれいな状態の家具なら寄付をする

まだまだ使える家具の場合は寄付をするという処分方法もありますので、インターネットで寄付を募っている団体を探してみましょう。 海外支援を目的に不用品の寄付を受け付けているところもあります。 また自治体の掲示板などでも、寄付の募集が掲載されていることもあります。 もちろん大々的に告知していない場合でも家具の寄付を受け付けている団体もありますから、直接聞いてみるのも良いでしょう。

家具を買い替えるなら引き取ってもらえる

家具を買い替える際に、今まで使っていた家具を引き取ってもらえるお店もあります。 引っ越しに際してこのようなサービスを使うのは難しいように思われるかもしれませんが、結婚に合わせた引っ越しで新しく家具を用意する場合などはスムーズに引き取ってもらえることもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

この他にも地元密着型の掲示板などに不用品を譲渡すると言った情報が掲載されています。 状態の良いものであれば、活用してみるのもいいでしょう。 また、一つの業者で処分を済ませてしまうのも手間が省けで良いのですが、ネットオークションや専門業者を活用して処分するのもおすすめです。

このように、不用品を効率よく減らして、処分費用を含めた引越費用を軽減していくの賢いやり方です。 無理をして一度に処分しようとすれば足元を見られることもあり、不経済な部分が出てきてしまいます。 高く売れるものと処分費用がかかりそうなものを一つひとつわけていくのがコツです。

また引っ越しにはスケジュールが決められていますから、事前に準備をしていかに効率よく動くかが重要です。 特に繁忙期には不用品回収業者を呼ぼうにもスケジュールに空きがないということもよくありますので、早めの予約が必要です。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top