買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

引っ越し時に、家電を手早く処分できる方法まとめ

2019.12.27

小山大作小山大作

不用品を処分する方法

お引っ越しされる際に困ってしまうのが、不用品の処分です。 特に冷蔵庫や洗濯機などの大型の家電製品は、移動させるのも大変ですし、家電リサイクル法によって粗大ごみとして捨てることができないので、捨てる際に手間がかかってしまいます。

お引っ越しの際には業者の都合もありますから、できるだけすぐに不用品を処分したいと思う方がほとんどでしょう。 本記事で、おすすめの処分方法についていくつかご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

家電の種類や性能、状態によって処分方法が分かれる

家電の種類、性能、状態によって処分方法が分かれますので、まずはよく確認してみるようにしてください。 家電リサイクル法に該当する製品なのか、まだ使える状態なのか、購入してからどのくらいの年数が経っているのかをそれぞれチェックしてから、最適な処分方法を考えていきましょう。

家電リサイクル法に該当する場合の処分方法について

家電リサイクル法に該当する家電製品は、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、そして、テレビの4つです。 これらの家電は決められた法律に従って適切に処分を行わなくてはなりません。 粗大ごみに出してしまうと違法な処分となってしまうので、気をつけるようにしてください。

該当家電を購入したお店で家電リサイクル券をもらおう

新しい家電製品に買い替えを行う場合には、そのお店で家電リサイクル券をもらっておくと良いでしょう。

ダメもとでリサイクルショップに持ち込む

もしも、お近くに家電店がなくて、家電リサイクル券を受け取れない場合には、お住いの自治体に相談して、どう処分したら良いか相談してみてください。

家電リサイクルの手順について

次に、家電リサイクル対象の製品の処分方法について、具体的にご紹介します。 新しいものに買い替える場合はそのお店で家電リサイクル券の排出者控えを受け取っておくようにしてください。 お店へリサイクル料金と収集運搬料金を支払って手続きを行ったら、後は自宅まで引き取りに来てくれます。

なお、料金の支払いは、お店によっては郵便で振替となる場合もあります。 お店で引き取りしてもらえない場合、お近くに家電店がない場合、買い替えの予定がない場合に関しては、お住いの地域のルールに従って手続きを行います。 指定された場所に直接持っていくか、自治体が指定した業者に回収を依頼するかのどちらかの方法で処分しなくてはなりません。

業者に引き取りに来てもらう場合には、リサイクル料金だけでなく運搬料金や出張料金も必要となるので、処分費用は高額になりがちです。 その際、代金のお支払いは郵便振替となります。

家電リサイクル法に該当するものでも買取をしてもらうことはOK

テレビや冷蔵庫など家電リサイクル法に該当するものであっても、買取に出すことができますので、費用をかけずに処分したい場合には売却を検討してみると良いでしょう。 良い値段で売ることができれば家電リサイクル料金を負担することなく、処分することができます。

リサイクルショップやネットオークションを使って売却

不用な家電を売る際には、リサイクルショップやネットオークションを利用するのがおすすめです。 まだ使える状態であれば、リサイクルショップにて高値で売れる可能性もあります。

また、ヤフオクなどのインターネットオークションサイトを使えば自分で売却額を設定することができるので、希望の値段で売ることも可能となります。 これらの方法は、運搬や梱包などをしなければいけませんが、収入になる可能性があるのでおすすめの処分方法です。

壊れている家電や年数が経った家電の処分方法

新品の家電も経年劣化に伴い、故障することがありますが、そのようなときにおすすめの処分方法を紹介していきます

壊れていなければ友人や知人で欲しい人がいたら譲る

状態をチェックしてみて壊れていないようであれば、仲の良い友達やご近所さんなど知人に譲ってみてはいかがでしょうか? テレビなどの家電リサイクル対象の製品も人に譲ってしまえば、費用を負担することなく処分できますし、もらった方も喜ぶのでお互いに幸せになれることでしょう。 インターネットオークションサイトと違って直接お互いの顔が見えるため、トラブルが起こる確率が少ないというメリットもあります。

自治体の粗大ごみとして処分する方法

家電リサイクル法対象外のものであれば、お住いの地域の粗大ごみ回収に出すことができます。 費用は1点あたり数百円から数千円程度なので、比較的安い料金で処分が可能となっています。 また、自治体にお任せしてしまうので、安心感もあります。

粗大ごみの利用方法、料金はお住いの地域によって異なっていますので、役所に問い合わせるなどして、よく確認してから利用してみてください。 自治体の粗大ごみとして処分する場合のデメリットは、自力で指定された場所まで運ばなくてはならない点です。

大きいものは家の外に運び出すだけでも大変な労力がかかってしまいます。 足元に落としたりして、怪我をしないように十分気をつけて運ぶようにしてください。

不用品回収業者に依頼する方法

自力で指定された場所まで運び出すのが難しい場合には、不用品回収業者を利用するという方法もあります。 ご自宅まで不用品を引き取りに来てくれるため自分で運ばずに処分ができ、体力的な負担がかからないのが魅力です。 引っ越しの際には家具や家電製品や雑貨など、不用品がたくさん出てきますので、全部まとめて引き取りに対応してくれる不用品回収業者はとても便利です。

ただ、不用品回収業者を利用する場合には、料金がかかってしまうので、その点はデメリットとなってしまいます。料金は業者によって差がありますので、費用を抑えたい方は、複数の業者の料金を比較してから申し込んだ方が良いでしょう。

なお、不用品回収業者の中には、高額な費用を請求してくる悪徳な業者も紛れていることもありますので、その点にも注意しなくてはなりません。 特に高齢者の方、女性の一人暮らしの方などは足元を見られてしまうこともあるので、十分に気をつけるようにしてください。 トラブルに巻き込まれないためには、できるだけ評判の良い、優良業者かどうかをしっかりと見極める必要があります。

引っ越し業者に引き取りを依頼する

引っ越し業者の中には、不用品引き取りサービスを行っているところもあります。 そのようなサービスを活用すれば、引っ越し作業を引き受けてもらえる上に、要らないものも処分してくれるので、非常に便利です。 引っ越し業者によって、サービスの内容は異なりますので、業者ごとによく比較してみてください。

状態の良い家電、需要のある家電は買取を依頼してみよう

処分ではなく買取依頼をすることで、思わぬ収入を得るとができます。 効率良く査定を行うための方法を紹介していきます。

買取業者やリサイクルショップで一括査定してもらう方法

状態が良いものや中古市場で需要が高いものに関しては、買取に出した方がお得に処分できます。 家電や家具の買取に対応しているリサイクルショップや業者はたくさんありますので、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

不用品が大量にあるときは、一括査定を利用するのがより便利です。 業者によってはインターネットやメールで一括査定を行ってくれるところもありますので、ぜひ活用してみてください。 なお、リサイクルショップによって対応が異なることもございますので、事前にネットで見積もりを取っておくのがおすすめです。

有名なメーカーやブランドの製品は専門の買取業者に依頼した方がいい

有名なメーカー品、ブランド品の場合には、リサイクルショップよりも専門の買取業者に依頼するのがベストです。 なぜなら、専門の業者には、ブランドの知識が豊富な方がいるので、通常の業者よりも高値で売れやすくなるからです。 できるだけ良い値段で売りたい場合には、リサイクルショップよりも専門のショップで鑑定を受けてから売却するかを決めたようが良いでしょう。

友人や知人にプレゼントするか買い取ってもらう方法

友人や知人といった身近に欲しい人がいる場合には譲ってしまうか、買取してくれるか聞いてみるのもおすすめです。 親しい間柄であれば買取金額も決めやすいですし、引き取りの日時なども気軽に相談できます。 特に引っ越しシーズンになると家電や家電を必要とする人も増えますので、より見つかりやすくなります。

必要な人に寄付をする

お金が要らないのであれば、必要としている人や施設などに寄付してしまうのもおすすめの方法です。 寄付した方にも喜ばれますし、引っ越しまでにお部屋をスムーズに片付けることができますので、お互いにメリットがあります。

引っ越し業者に回収、買取をしてもらう方法

引っ越し業者に回収や買取を依頼する方法もお手軽なのでおすすめですが、すべての業者がそのようなサービスを行っているわけではないので、下調べが必要です。

引っ越し業者の引き取りと買取サービス有無をチェック

引越業者によって引サービスの内容も異なってきます。 無料で引き取りしてくれる場合もあれば、料金を負担しなくてはならない場合もあったりします。

また、買取に関しても対応できる品目が限られている場合もございますので、ホームページをご覧いただき、直接コンタクトを取ってよく確認するようにしてくださ

ネットオークションやフリマアプリに出品する場合

ヤフオクなどのネットオークションサイト、メルカリなどのフリマアプリを使うと手間はかかってしまいますが、欲しい人が見つかりやすくなるので、高値で売れる確率も上がります。 ただ、この方法はいつ売れるか分からないというデメリットもあります。

家電を買取してくれる業者の一例

買取実績豊富で安心して売却できるコレイルシティ

コレイルシティ

コレイルシティは家電全般を専門に買取している業者で、まだ使えるのに処分するのはもったいない家電を買取して、次の人へ繋げてくれます。コレイルシティのスタッフさんはとにかく親切、丁寧な対応をしてくれるので、気持ちのいい買取をスムーズに進められます。

買取出来る家電は冷蔵庫、洗濯機、テレビ、掃除機、電子レンジ、炊飯器、エアコン、ブルーレイレコーダーから、ノートパソコンやタブレット、スマホまで対応しています。引越しに伴って家電を処分したい、一気に買い替えたい人にはまとめての査定依頼を出すことをオススメいたします。

家電の中でも有名ブランドや人気の製品だと予想外の高値で買取してもらえることもあります。近年人気が上がってきているダイソンのコードレスクリーナーやロボット掃除機、ファンヒーターや扇風機も高価買取の対象になっています。近場のリサイクルショップに持ち込む前に、コレイルシティを利用してみてはいかがでしょうか。

コレイルシティで査定してみる

高価買取を狙うならドープランドも

ドープランド

家電の中でも有名ブランドや人気の製品だと予想外の高値で買取してもらえることもあります。近年人気が上がってきているダイソンのコードレスクリーナーやロボット掃除機、ファンヒーターや扇風機も高価買取の対象になっています。近場のリサイクルショップに持ち込む前に、コレイルシティを利用してみてはいかがでしょうか。

ドープランドは10万件以上の買取実績を誇るお店で、特に家電に強いので、人気の家電は高価買取が望めます。家電の他にもブランド品や電動工具、フィギュア、ゲーム、楽器なども買取をしているそうです。処分したい物がたくさん出てくる引っ越しにもってこいの買取品目の多さです。

ドープランドは10万件以上の買取実績を誇るお店で、特に家電に強いので、人気の家電は高価買取が望めます。家電の他にもブランド品や電動工具、フィギュア、ゲーム、楽器なども買取をしているそうです。処分したい物がたくさん出てくる引っ越しにもってこいの買取品目の多さです。

まとめ

このように色々な処分方法があり、メリットだけでなく、デメリットもあるので、よく考えて最適な方法を選択するようにしてください。 状態が良いものやブランド品などであれば、買取専門業者を活用した方が良い収入になる可能性があります。 引っ越しの際には、退去日などの都合もありますので、余裕を持った処分のスケジュールを立てておくこともポイントです。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top