買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

不要になってしまったテレビボードの処分方法についてまとめました

2019.12.19

小山大作小山大作

不用品を処分したい

いらなくなってしまったテレビボードを処分するには、どうしたらよいのでしょうか。 お住まいの地域の粗大ゴミ回収に出す、不用品回収業者に引き取ってもらう、下取りに出すなどいくつかの方法があります。

状態がよければ、誰かにあげてしまうのもよいかもしれません。 本記事で、テレビボードの詳しい処分方法についてご紹介いたします。

大きさや素材、テレビボードの状態によって処分方法を変える

まず、テレビボードの状態をよくチェックしてみましょう。どのくらいの大きさなのか、どんな素材が使われているのか、まだ使える状態なのかなどを考慮して最適な処分方法を考えるのがおすすめです。

自分でばらせるなら仕分けしてゴミの日に出す

状態を確認してみて、自分で分解できるようであれば、バラバラにしてゴミの日に出してしまうとよいでしょう。

メリットとデメリット

自分でテレビボードを分解して処分するメリットは、お金を一切かけずに処分することができる点です。粗大ゴミ回収費用もかかりません。

ただ、分解するのに労力がかかってしまうというデメリットもあります。分解した後に、燃えるもの、燃えないものに細かく仕分けも行わなくてはならないので、手間もかかってしまいます。

また、電動ドライバーやノコギリなど、分解に必要な工具類を用意しなくてはならない点もデメリットです。DIYを趣味としている方やご自宅に工具が揃っている方には、おすすめの方法といえます。

分解する際に、手を切ってしまうなど、怪我をしてしまうリスクもありますので、作業時は手袋をはめ、安全靴を履くなど、十分注意するようにしてください。ハンマーで叩いたり、ノコギリで切断したりする際には、大きな音が発生してしまうこともありますので、近所迷惑にならないように配慮することも大切です。

自治体の方法に従って、粗大ゴミとして捨てる

分解するのが難しい場合には、お住まいの自治体の粗大ゴミ回収を利用するとよいでしょう。

メリットとデメリット

粗大ゴミ回収を利用するメリットは、コンビニエンスストアなどで指定されたシールを買うだけなので、手間がかからない点です。費用に関しても、1点あたり数百円から千円程度などで、金銭的な負担が少ない点もメリットといえます。また、自治体が指定した業者が引き取りにきてくれますので、安心感もあります。余計なトラブルを避けたい方には、おすすめの処分方法です。

ただ、粗大ゴミ回収を利用する際には、デメリットもあります。お住まいの自治体が指定した場所まで、自力でテレビボードを運んでいかなくてはならないため、労力がかかってしまうのです。小さくて軽量なテレビボードであれば気軽に運べるかもしれませんが、大きくて重たいものは自力で運ぶのは大変です。自力で運ぶのが難しいときには、無理をせずに家族や友達に手伝ってもらうようにしたほうがよいでしょう。

不用品回収業者に依頼する

壊れている場合や汚れがひどいテレビボードは、買取に出しても売れる確率が低くなってしまうので、不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうのがおすすめです。不用品回収業者に連絡すれば、自宅まで引き取りにきてくれますので、自力で運び出すのが難しい方にもおすすめの方法といえます。

ただ、不用品回収業者に依頼する場合には、料金がかかってしまうことがあります。回収費用は業者によってばらつきがあり、場合によってはお住まいの自治体の不用品回収料金よりも高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

中には、相場価格よりも高額な料金を請求してくる悪徳な不用品回収業者もいますので、利用する際にはしっかりと下調べしておいたほうがよいでしょう。

買い替えならば購入と同時に引取サービスを行ってくれるところを探す

新しいテレビボードを買う予定があるならば、下取りに出すのもおすすめです。購入と同時に下取りに出してしまえば、自力で処分したり、売ったりする手間がかからないのがメリットです。

下取りを利用すれば、一気にお部屋が片付いてしまうので、とても便利なのが魅力です。ただし、テレビボードの下取りを行っているお店は数が少ないので、見つけ出すのが難しいというデメリットがあります。

また、引取の条件が厳しい場合やあまり高値にならないというデメリットもあるので、よく考えてから利用したほうがよいでしょう。

きれいな状態ならリサイクルショックに頼む

まだ使える状態、汚れや傷がほとんどないきれいな状態であれば、リサイクルショックへ売りに出してしまうのもおすすめの処分方法です。

購入して間もないテレビボードやブランド品であれば、よい値段で売却できる可能性もあります。状態が悪いものであっても、数百円程度で売れることもあるので、わずかでもお金が入ってくるのがメリットです。

中には、お客様のご自宅まで引き取りにきてくれるリサイクルショップもありますので、労力がかからない点もメリットといえます。お値段が付かない場合でも、無料で引き取りしてくれるリサイクルショップもありますので、調べてみるとよいでしょう。

自分で売るか、もしくは、引取先を探してみる

ほかに考えられるものとしては自分で売るか引き取ってくれる方を探す方法もあります。

インターネットオークションを活用

リサイクルショップだと、状態がよいものであっても、高値が付きにくいこともあります。よりよい値段で売りたいのであれば、インターネットオークションサイトやフリーマーケットアプリなどを利用して、自力で売る方法もおすすめです。

インターネットオークションサイトを利用すれば、広い範囲で買い取り手を探すことができるので、高値で買ってくれる人が見つかりやすくなるというメリットがあります。

ただ、インターネットオークションサイトを利用して自力で売る場合には、トラブル時にも自分で対応しなくてはなりません。厄介なお客さんからクレームをつけられるというトラブルもあるので、初心者にはハードルが高いと感じてしまうかもしれません。

友人や知人に売るか、SNSを活用して引き取ってくれる人を探してみる

インターネットオークションサイトの使い方がわからないという方は、普段利用しているSNSを利用して、引き取ってくれそうな人を募集してみてはいかがでしょうか。

TwitterやFacebookなどを活用すれば、手軽に引き取り手を探すことができます。近年は、地元で不用品の売り買いができるジモティーというサービスも人気となっています。利用される方も多いので、そちらもチェックしてみるとよいでしょう。

インターネットオークションやSNSを利用して知らない人に売るのは抵抗があるという方は、仲のよい友人や知人だけに限定して、売ったほうがよいかもしれません。知り合いであれば、トラブルも避けることができます。

SNSを利用する方法や友人に売る方法はお手軽ですが、すぐに引き取り手が見つかりにくいというデメリットもあります。時間がかかってしまうこともありますので、引越しの予定があるなど、急ぎで手放したい方はほかの処分方法も検討したほうがよいのかもしれません。

ブランド品やデザイナーズのテレビボードをお持ちの方は買取を依頼してみる

有名ブランド品や人気デザイナーズのテレビボードをお持ちの方は、専門のショップに買取を依頼してみるとよいでしょう。ブランド品のテレビボードの場合には、多少の汚れや傷があったとしても、高値が付きやすくなります。

なぜなら、ブランド品やデザイナーズ家具というのは、中古品であってもほしいという方が多く、多少の訳あり品でも買う人も多いからなのです。新品に近い状態であれば、思わぬ高値が付くこともあります。

高値で売ろうと考えている方は、買取に出す前に手垢汚れをきれいに取り除くことやほこりを払っておくなど、軽く掃除しておくことをおすすめします。見た目がよいと、高額査定が出やすくなる確率も上がっていきます。

また、説明書、付属品なども揃っているとよい値段になるので、忘れずに用意しておくようにしてください。

一店舗だけで売却を決めてしまうのではなく、複数のお店に査定に出してみて、買取価格を見比べてみるのも、テレビボードを高値で売るコツです。中には、ご自宅まで、出張買取や査定に来てくれるお店もあります。テレビボードをお店まで運ぶのが面倒だという方は、出張サービスを行っているところを探してみるとよいでしょう。

テレビボードを買取している業者の一例

デザイナーズ作品のテレビボードなら専門のゼノンへ

ゼノン

デザイナーズ作品のテレビボードならゼノンが最もオススメできる買取業者です。ゼノンはデザイナーズ家具だけを専門に買取をしているので、デザイナーズ家具はもちろん、ブランドについても家具についても知識が豊富です。実際の買取の経験も多いので、買取の際の手際もスムーズで安心です。

テレビボードのブランドがカッシーナ、アルフレックス、B&Bイタリア、モローゾ、エリア、マスターウォール、デザイナーズギルド、パリスデュヴィヴィエのどれかなら、買取強化をしているゼノンがなおのことおすすめできます。

重たいテレビボードも専門のスタッフが出張買取をしてくれて、出張買取地域外でも宅配買取も行っています。運び出す時にはしっかりと梱包して他の家具やお部屋に傷がつかないようにしてくれるので、とにかく安心、安全です。

ゼノンで査定してみる

幅広い種類のテレビボードを買取しているサルル

サルル

家具全般の買取をしているサルルはテレビボードもロータイプからハイタイプ、使っている素材にも制限などがなくて、買取をしてもらえる可能性がとても高いです。もちろん有名ブランドのものだと高価買取になりますが、そんなに有名ではないメーカーのテレビボードの買取実績もアップしているので、売れるか分からなくても迷っている方は一度、問い合わせしてみてください。

家具全般の買取ということで、他にも売りたい家具がある方は、まとめて査定を申し込むと思いがけない高値になったり、買取が難しかったものも買取可能になるかもしれません。家具をまとめて売るときも関東なら出張買取に来てくれるので安心です。

サルルが人気の理由に土日祝日も対応してくれるところもあります。お仕事で平日は立会えない、電話が難しい人でも土日祝日がOKだと、予定の調整がとてもしやすくなります。見積をはじめとして、買取に関することなど不明点は気軽に聞いてみてはいかがでしょうか。サルルはスタッフさんの対応も良いと評判です。

東京で家具、家電、楽器を専門に買取しているアドア東京

アドア東京

アドア東京は世田谷区にお店のある、買取専門業者です。家具から家電、自転車や楽器、オーディオ機器の買取まで幅広く対応しています。テレビボードも家具の買取専門スタッフが対応してくれるので、ブランド物なら高価買取が期待できます。

買取対象のブランドが公式サイトに載っているので該当する方は是非、査定をしてみてください。また、記載のないブランドでも買取をしてもらえるケースがあるので、気軽に問い合わせることをオススメします。

アドア近隣の目黒区や港区、渋谷区、世田谷区なら即日対応も可能になっています。アドア東京はテレビや雑誌で紹介されたりしている、知名度も高くて信頼のできる買取業者です。買取の依頼件数が約8万件を超えているので、買取の際の手際や査定額の算出もスピーディーで的確です。

まとめ

以上、不用になったテレビボードの処分方法についてまとめてみました。どの方法でも、メリットとデメリットがあります。

売却する場合には、テレビボードの状態に応じて、買取価格が大きく異なることもあります。不用品回収業者を利用すると、楽に処分できますが、費用が高額になってしまうこともありますので、ご自身の状況に合わせて、最適な方法で処分するようにしてみてください。

また、新たにテレビボードを購入するときには、将来的に処分することも考えて、できるだけ品質がよいものやブランド品を選ぶようにするなど、買い物方法を改めてみるのもよいかもしれません。

量販店で売っているような安物のテレビボードだと、高値が付くことはありませんし、壊れやすいのですぐに買い替えが必要になってしまうこともあります。ずっと長く使っていきたいのであれば、多少値段が高くてもよいものを選んだほうがお得になる場合もあるのです。

最近は、自分でテレビボードを購入せずに、家具のレンタルサービスを利用される方も増えてきています。家具レンタルサービスを利用すれば、購入するよりも格安でテレビボードを使うことができますし、デザインに飽きてしまったら返却しやすいというメリットがあります。不用になったときに、自分で処分する手間もかからないのも魅力です。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top