買取のプロが教える、
暮らしに役立つ情報サイト、
エルラインジャーナル。

ガス給湯器は売ることも出来ます。売れる給湯器や高く売るコツや注意点などわかりやすく解説!

2020.06.19

小山大作小山大作

不用品を売る・買取してもらう方法

ガス給湯器は、不用になった場合、売ることも可能です。引っ越しやリフォーム、オール電化への移行などで持っている機器がいらなくなる場合には、ぜひ一度売ることも考えてみましょう。

また、流通倉庫に余剰在庫が多数眠っている場合もあるでしょう。新古品という扱いにはなりますが、売ることが可能な以上、産業廃棄物にするのはあまりにも大きな損失です。ここでは、不用の給湯器をできるだけ高く売るために、必要な情報をまとめます。

まずは給湯器の種類をチェック

給湯器にはさまざまな種類があります。ガス給湯器や石油給湯器、電気給湯器などがあり、たくさんのメーカーが製品を製造販売していますが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。ガス給湯器はガスを燃料としてお湯を沸かす方式で、水道水をガスバーナーで加熱するのが一般的です。本体が比較的コンパクトなのがメリットで、集合住宅に多く設置されています。デメリットは燃料費が高くなることで、灯油に比べると1.5倍程度です。そのため冬季氷点下を記録するようなエリアでは、石油給湯器のほうが歓迎されます。

石油給湯器は燃料が灯油のため、ガスや電気に比べて燃料費が基本的に安いのが大きなメリットです。ただ石油価格は変動しやすいため年間コストが多少読みにくいことと、本体とは別に石油タンクが必要なため場所を食うのが難点です。また、都度タンクへ灯油を補充しなければならないので、この手間が大きなデメリットです。

電気給湯器は給排気設備が不用となり、スペースを取らないのが大きなメリットです。ガスや灯油と違って配管工事代も必要がなく、排気がないため空気を汚しません。深夜電力などをうまく使えば割安な料金プランも使え、製品寿命が20年前後と長いのも魅力でしょう。デメリットは貯湯タンクだけでなくヒートポンプユニットの設置場所が必要なこととユニットの運転音が騒音問題になる場合があることです。寒冷地の一部地域では効率の関係で使用不可とされる場合もあります。

売ることが可能な給湯器とは?

給湯器にはさまざまな種類がありますが、種類だけで売れる売れないという区分けは基本的にはありません。それでも中には売ることができるものもあれば、どうしても売るのは難しいものもあります。どのような給湯器なら売ることが可能なのでしょうか。

正常に稼働することが条件

簡単に言えば、壊れた給湯器はどんな種類であっても売るのは難しくなります。動作になんらかの問題があるような場合、通常の買取は難しいと考えたほうが良いでしょう。

基本的に給湯器の買取業者は買い取った機器を整備して再販するのが目的ですので、壊れたものは再販が難しくなります。運転に支障があるようなら、製品として売ることはあきらめる必要があるかもしれません。

新品の給湯器なら高価買取も

新品といっても新古品という扱いにはなりますが、余剰在庫など使われたことのない給湯器なら、高価買取となる期待が十分あります。産業廃棄物として処理してしまうのはあまりにももったいない話ですので、ぜひ買取業者に連絡するのがおすすめです。

中古でも有名メーカーや人気モデルなら高価買取の期待も

中古機器の価値を決める要素の一つが劣化具合です。使われた年数が長ければ長いほど劣化具合が大きくなるのが一般的で、古いものでよく使われたものはどうしても金額が低くなりがちです。

ただ、そんな中古品でも有名メーカーの製品や人気モデルなら想像より高値が付く期待もあるでしょう。長年使ったからといってあきらめてしまう必要はないかもしれません。

どんな給湯器なら高く売ることができる?

それでは高く売ることが期待できる給湯器はどのようなものでしょうか。一概に言えませんが、中古買取市場で高値になりやすい製品の特徴をまとめてみましょう。

製造から5年以内の新しい給湯器なら期待大

使用感があっても、製造から5年以内の新しい給湯器なら高く買い取ってもらえる期待があります。これはガス給湯器、石油給湯器、電気給湯器など種類は問わず、家電業界全体の傾向です。

たとえば、まったく同じメーカーの同じシリーズだったとしても、後継モデルのほうがより性能がレベルアップしていることは想像できます。毎年のように新しい機器や技術が開発されていますので、なるべく年式が新しいほうが高くなりやすいのは当然でしょう。

銅釜が使われている給湯器は注目

壊れた給湯器でも、スクラップとしては注目される場合があります。それは銅釜が使われている場合です。給湯器はお湯を沸かす部分に銅釜などをはじめ、銅のパイプや真鍮(しんちゅう)の継ぎ手などが使われていることがあります。

これらは非鉄金属で、機械系のスクラップの中でも価値の高い部類に入ることから、予想より高値で売ることができる場合があるのです。銅にも取引相場がありますので一概に言えませんが、また原料として活用できるならそれが一番でしょう。

リンナイ、コロナ、長府、ノーリツなど有名なメーカー製

給湯器には人気の高い有名メーカーがあり、やはりそうしたブランド品は高値が付きやすい傾向があります。再販する際にも名前の知られている大手メーカー製のほうが売れやすいので、それは当然でしょう。機能が高いのはもちろんですが、燃料を使用する機器なだけに安全性や信頼性の高さは評価されます。人気メーカーはリンナイ、コロナ、長府、ノーリツなど、誰もが耳にしたことのある企業です。

売るときのネックは「取り外し」!

有名メーカー製で年式もさほど古くない、売れる条件は揃っていると喜ぶのはまだ早い場合があります。というのは、給湯器の設備は売る場合に当然取り外す必要があり、それをするには資格が必要となるからです。

もちろん自分で勝手に取り外すことはできませんし、資格者を必要とすることから、買取業者の中には取り外しは行わないとしているところもあります。つまり、すでに取り外された給湯器なら買い取るけれど、そこまでは売る側で準備してくれという業者もいるということです。

そもそもガス給湯器の工事などはガス漏れや爆発など大事故につながるリスクもあるわけですので、素人が簡単に手を出せないのも当然です。取り付けも取り外しも、液化石油ガス設備士という国家資格やガス機器設置スペシャリストという民間資格などを有する業者が行う必要がありますので、そこは頭に入れておきましょう。

給湯器を業者に買取してもらうときのポイント

給湯器を買取業者に買い取ってもらう場合、売る側が気をつ付けておきたいポイントをまとめてみましょう。どうせ売るなら少しでも高く売ることを目指したいですから、できる範囲で査定額を上げる方法を整理します。

数の業者を比較検討すべき理由

給湯器に限りませんが、複数の買取業者から買取査定を受けることで、価格を比較検討するのがセオリーです。基本的に査定は無料ですが、現場まで来てもらう場合は出張費用がかかる場合もあるため、細かい点まであらかじめ確認しておきましょう。

売る給湯器は同じでも、業者によってどこをどう評価するかはマチマチです。高く再販できるルートがあれば高く査定してもらえる場合もあり、これは実際に査定を受けてみなければわからない点です。

査定前に相場をチェック

実際に査定を受けないとわからないと前述しましたが、そうはいっても中古市場には相場というものがあります。多くの人が売る前にネットなどで情報をチェックしていると思いますが、査定前に自分が売るものに近い状態のものの相場を調べておくと、不当に安く買い叩かれてしまうことを防げます。

実際には使用感などさまざまな状態によるので相場通りとはいきませんが、メーカーや年式など基本情報の相場を知っているのといないのとでは物差しが変わってくるでしょう。

取り外しに関しても確認を

前述した通り、機器の取り外しには資格が必要とされるため、取り外しが必要な場合にはそれが可能かどうかも含めて査定を受けることが重要です。査定金額は合計額を見るだけでなく、面倒でも細かい内訳や項目を一つひとつチェックするようにしましょう。

高く買ってもらえると飛びついたら、取り外し費用は別途だったというような場合、結果的に予想以上に高くなかったということにもなりかねません。

住宅用建材・住宅設備買取業者へは売るものをまとめるのが得

これは処分したいものの規模が大きいときのコツですが、住宅用建材・住宅設備買取業者へ売る場合、売るものをまとめたほうが高値が付きやすいという特徴があります。たとえば余剰在庫が多数あるような場合、少しずつ小出しにするより一気にまとめて売るほうが高値になりやすい傾向があるのです。

数がまとまると、たとえその業者の通常出張エリア外であっても来てもらえることがあるため、個別に相談したほうが得策でしょう。人員や運送トラックの手配などを考えても、まとまっているほうが業者側もコスト的に効率が上がるので、まとまった案件は歓迎されるのが一般的です。

査定前にはできる範囲で掃除する

新古品なら別ですが、使用していた機器であれば見た目だけでもきれいに掃除しておくことをおすすめします。当然査定するのは人ですので、きれいな見た目は査定額に影響します。費用をかけて業者にきてもらうのは無駄なことですが、自力でできる範囲で少しでもきれいにする努力は惜しまないようにしましょう。

付属品が揃っているかチェック

給湯器を購入したときに付いていた付属品がすべて揃っていれば、それは買取価格にも良い影響となります。基本は売っていたときと同じ状況にすることが大切ですので、付属品は家中を探してでも揃えるようにしましょう。

給湯器の買取が得意なオススメ業者

どのメーカーでも高価買取、即日対応可、エルライン住設

エルライン住設

住宅用建材買取専門のエルライン住設では、給湯器の買取にも力を入れているので、給湯器単体はもちろん、他にも査定してほしい住宅用建材があれば、お得に買取してもらえます。給湯器はハーマン、パロマ、ノーリツ、リンナイ、ダイキン、日立、東芝、三菱などが高値になりやすいです。また、名前を聞いたことがあるような人気シリーズの給湯器なら長く使っていたものでも買取してもらえる可能背うがグッと上がります。年中無休で対応してくれるので、個人法人問わずに利用しやすい業者です。

エルライン住設で査定してみる

なんでも買取・回収を行ってくれる、ナンバーワン買取センター

ナンバーワン買取センター

ナンバーワン買取センターは総合リサイクルショップで、不用品の買取や回収、処分をしてくれる横浜のお店です。自宅まで来てくれるので、給湯器の搬出も任せられて安心です。色んな大きさや重さのものも買取しているので、搬出や運搬作業になれていて、スピーディーかつ他の家具を傷つけるようなこともないです。給湯器は製造から10年以内の製品を買取対象にしていて、エコキュートなどの人気シリーズは高値になりやすくなっています。

給湯器やボイラーの買取なら、専門のファーストハンズ

ファーストハンズ

ファーストハンズでは石油給湯器やガス給湯器、ボイラーなども高価買取をしています。販路が海外にまで広がっているので、もう売れなさそうなものでも、買取して世界で困っている人に届けられることもあります。買取は新品・中古どちらでもOKで、査定は専門家が行ってくれます。ホームページには給湯器の買取ブログもあるので、実際の感じを見て確かめられます。他社と比較して、他社の方が高ければ価格交渉もできるので、少しでも高く売りたい方も必見です。

自分で売る方法とは?

買取業者は利用せずに自分で売る方法もないわけではありません。ただし、取り外しに関しては前述の通り自力でしてはいけませんので、取り外しだけ業者に頼む形となります。ここでは取り外しが完了した前提で、どのように売るかをまとめます。

ネットオークションへ出品

近年流行りのネットオークションへ出品することも不可能ではありません。もし自分で設定した価格で誰かが買ってくれれば、言い値で売れて人件費などの経費もかからず、メリットを享受することが可能です。ただし売れるかどうかわかりませんし、売れたら発送もかなり大変なことは覚悟しましょう。精密機器ですので破損のリスクもあります。

リサイクルショップへ持ち込み

業者を呼ぶのではなく、自分でリサイクルショップなどの店頭に持ち込む方法もなくはありません。ただし、大前提として住宅設備はなかなか買い取ってもらえないという事実は理解しておいてください。一式店頭に持っていっても、買い取ってもらえなければまたそのまま持って帰る必要があります。手間暇を考えれば、かなり現実的ではないと言わざるを得ません。

もし買取ができなかったら?

状態によっては、買取業者の査定を何社も受けても、どうしても売ることが難しい場合もあります。そうした場合でも処分はしなければならないとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。

業者に頼んで引取・廃棄をしてもらう

先にも少し触れましたが、給湯器は内部に原料となる金属が使われている場合が多く、スクラップとして引き取ってもらえることもあります。そうした専門の業者に依頼して、廃棄をお願いするのが現実的でしょう。こうした業者では取り外しも行ってくれる場合が少なくありません。

粗大ごみとして処分

これは自治体によっても対応が異なるので一概に言えませんが、一部の地域では粗大ごみとして捨てられる場合があります。住所を管轄している自治体の公式サイトなどをチェックして、可能かどうか、費用がいくらかなど捨て方を確認してみましょう。

知人や友人、アプリなどで譲ることも

まだ普通に使える給湯器であれば、誰かに譲るという選択肢もなくはないかもしれません。最後の手段として知人や友人に聞いてみることやアプリなどで情報を発信してみる手はあります。ただ、現実的には成功例は少ないでしょう。

まとめ

ガス給湯器など不用となった給湯器がある場合、専門の買取業者に依頼すれば売ることも可能です。有名メーカー製だったり年式が新しかったりすると、高値が付く期待もあるでしょう。

設置されている場合には取り外しに専門資格が必要ですので、そこはあらかじめ認識が必要です。新品在庫などがある場合には、まとめて依頼することで高価買取を期待できますので、買取業者にまとめて依頼するのがおすすめです。

Author

#

小山大作
家具の買取をはじめて15年以上の実績を持つ、家具買取業界最大手のL-line(エルライン)株式会社の広報兼バイヤー。
好きなジャンルは、北欧系をはじめアメリカントラディショナルやフレンチカントリーなど様々。 持てる知識と経験をもとに、少しでも生活に役立つ記事をお届けします。

page-top